やったもん勝ち!「ママでもイイ女」が大抵している10の習慣

出典:https://www.shutterstock.com/

妊娠出産育児に日々奮闘していると、子どもの事が最優先になり自分は後回しになりがち。“お母ちゃんモード”全開で子どもと外出してしまい、若くてキレイでオシャレな女性が優雅に歩いている姿を見て「羨ましいな……」と溜息をついていませんか?

ただ、ママとなった今では目指すべき“イイ女”というのは、独身の頃描いていた“イイ女”像とは違うはず。“ママでもイイ女”を追求してみると、辿り着くのは、健康美。内面から出てくるハッピーオーラを持ち、忙しいはずなのにいつもキレイな人ではないでしょうか?

今回は、“ママでもイイ女”がやっているインナービューティをアップする10の習慣をご紹介します!

やったもん勝ち!「ママでもイイ女」が大抵している10の習慣

(1)適度な運動

心身共に健康になる運動は実は最高の万能薬。手軽にできるウォーキングやヨガの他、お家でDVDや動画サイトでエクササイズビデオをやったり、家の掃除を毎日頑張るだけでも良い運動になります。

日中しっかり身体を使えば、夜もぐっすり寝れますよ。

 

(2)白砂糖は食べない

主食を抜くダイエットより、まず、白砂糖の摂取を徹底的に止めるだけで効果大です。

 

(3)食事は野菜から食べる

食事の際は、“野菜から食べる”だけで、食後の血糖値の急上昇を抑えるため、太りにくくなります。

野菜をジュースやサプリに頼らず、しっかり噛んで繊維質を摂りましょう。

 

(4)適切なタンパク質摂取

成人女性が1日に必要なタンパク質50g程度をバランス良く摂取するには、牛乳200cc(6g)、チーズ100g(3g)、アーモンド25g(6g)、納豆1パック(6g)、卵1個(6g)、鶏ササミ100g(23g)程度を食べる必要があるそうです!

これだけ毎日摂取できれば、お腹も脳も満足し基礎代謝も上がるため健康的にダイエット成功できる可能性UP!

 

(5)良質な油を摂る

「トランス脂肪酸」入りのマーガリン、揚げ物、ジャンクフード、カップ麺等は避けていったほうが無難。

その代わり、ナッツ類、アボガド、オリーブ油、ココナッツ油等の良質な油は積極的に摂取して。

 

(6)プロによる美容施術

日々進化を続けるエステや美容外科では最近、低リスクでリーズナブルな施術もありますので、慎重なリサーチの上で吟味し、お悩み解決の手段としてたまに取り入れてみるのも手です。厚化粧しなくても良くなる肌が理想ですね。

 

(7)自分1人の時間を心掛ける

出産後、1度も子どもを預けて出掛けた事がないママも多い事でしょう。一時保育等を活用し、リフレッシュ時間を作り、好きな事や趣味を続ける事でかえって子どものお世話がとても尊く感じられるようになります。

 

(8)新聞やニュースで情報収集

“イイ女”とは外見だけではありません。

普段から様々な知識を養っておくことで会話術アップだけでなく、自分を客観的に見ることもでき、子育てにも必ず役に立つ時があります。

 

(9)感謝する

感謝できる気持ちが、人生の幸福度を決めると言っても過言ではありません。

どんな状況でも何か1つ感謝できる事を見つけられれば良し。夫や子どもにも常に感謝の気持ちを忘れずに。

 

(10)自分で自分を褒めてあげる

子育てで子どもを褒める事が大事なのは、知っていますよね。

でももっと大切なのは、毎日頑張るママが自分自身を褒めてあげる事。鏡の中の自分に「○○ちゃん、よくやった!」と言ってあげて!

 

これから夏になるとイベントシーズン!“ママでもイイ女がやっている10の習慣”を実践しましょう。

高価な化粧品も薬も必要のない健康的で美しいママを見て、夫や子どもも喜んでくれるはず!

 

【画像】

※ Anna Om / Shutterstock

【関連記事】

 

夫が「もうオバサンだな」とガッカリする妻のNG行動6パターン

たった8秒で不思議なほど若返る!超簡単「オバサン背中」撃退法

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 多忙ママに嬉しい!1本で「化粧水」「乳液」「美容液」「パック」までこなすスキンケアとは[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

※ 忙しい日の朝食に食べたい、キヌア入りカラフルサラダの作り方

忙しくてもキレイでいたい。働くママの時短お肌づくり -夜編-

(2014年11月26日の記事を再掲載しています。)

LINEで送る