子どもが遊具でケガをした!応急処置法と「持っておきたい便利グッズ3つ」

用意しておくと安心グッズ3つ

出典:https://www.shutterstock.com/

もしも子どもが公園などで怪我をした時に役立つ便利グッズを3つご紹介します。

(1)子どもの肌着や大きめのハンカチ

ケガをして出血した場合、止血に役立つのが子どもの肌着やハンカチです。

最近では、ハンカチよりも汗を拭きやすいハンドタオルを持ち歩いているママが多いですよね。

しかし、止血の際にタオルを使うと、繊維が傷口に付いてしまってタオルを取る時にかなりの痛みがあります。

それに比べてハンカチや肌着は、あまり毛羽立っていないので、止血に向いています。

 

(2)レジ袋

出血がひどい時には、傷口に布を当てた後、レジ袋を包帯代わりにすることができます。

また、腕が折れた場合などには、袋の両端を切って三角巾代わりにもなります。

水を入れれば氷のう替わりにもなるので、レジ袋は優れた応急手当グッズなのです。

(3)保冷剤

公園の遊具で頭やすね等をぶつけてしまうということはよくありますよね。

保冷剤を入れておけば、ぶつけた部分をすぐに冷やすことが出来ます。

また、指を挟んだ時などにも使用できます。

これからの季節は、熱中症対策にもなりますので、出かける際には凍らせた保冷剤を一つ持っていきましょう。

 

目の前で子どもが怪我をしたら、ママはどうしていいかパニックになってしまうかもしれません。

とっさの時に対応できるよう、救命講習などを受けておくのもおすすめですよ。

 

【参考・画像】

急手当・日用品を使った応急手当 – 新潟市

※ sakkmesterke/ shutterstock

【関連記事】

パニック厳禁!子どもが高熱時「熱性けいれん」を起こしたときのNG対処法3つ

ヒヤリハット!子どもが「事故に巻き込まれやすい」瞬間はいつ?

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 多忙ママに嬉しい!1本で「化粧水」「乳液」「美容液」「パック」までこなすスキンケアとは[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

※ 忙しい日の朝食に食べたい、キヌア入りカラフルサラダの作り方

忙しくてもキレイでいたい。働くママの時短お肌づくり -夜編-

LINEで送る