えっ、停車中に転落!? チャイルドシートにまつわる事故エピソード

571201603出典:https://www.shutterstock.com

暖かくなり、これからの季節は車でお出かけする機会も増えますよね。車に子どもを乗せるときに必要なのがチャイルドシート。6歳未満の子どもには、チャイルドシートの使用が義務付けされています。

ですが、2016年11月にJAF(日本自動車連盟)と警察庁が共同で行った「チャイルドシート使用状況全国調査」をみると、6歳未満の使用率は64.2%(全国平均)。年々少しずつ上昇しているものの、約4割が不使用というのは、決して低くない数字ですよね。

そこで今回は、ベビーシートやチャイルドシートをきちんと使用していないがゆえに起こったヒヤリハットエピソードをご紹介いたします。

注意!5歳児の使用率は40%以下

6歳未満のチャイルドシートの使用率は64.2%という結果に「思ったより低いな」と感じたママは筆者だけではないはず。実は、この数字にはからくりがあります。

先に挙げた使用状況調査の「年齢別の使用率」を読むと、理由がわかります。

1歳未満: 85.7%

1歳〜4歳: 66.8%

5歳: 39.1%

と、5歳になると使用率がガクっと下がるのです。

5歳にもなると、もうチャイルドシートは使わなくても座っていられるし、車のシートベルトも使えるし、と思うママもいるかもしれませんが、法律上は5歳もチャイルドシートの使用が義務付けられています。

また、6歳からはチャイルドシートを使わなくてもいいことにはなっていますが、体格的にまだ小さく、首にかかって危険なため、身長が140cmくらいになるまでは体に合ったシート(ジュニアシートなど)を使うのがベターです。

LINEで送る