「寝る前に やる気スイッチ 入れるなよ」【ダメパパ川柳#4】

育児や子育てに対するパパのちょっぴりダメな部分を、自身も1児の娘のパパである筆者の体験談も交えながら川柳で紹介する連載『ダメパパ川柳』。

前回は「叱るとき 必ずママを 悪役に」をお届しましたが、第4回の今回は、寝る前の子どもに対してやってしまいがちなダメパパ行動を詠んでみました。

寝る前にこんなことをされたら……、ママはうんざりすることでしょう。

 

第4回目の「ダメパパ川柳」は…

『寝る前に やる気スイッチ 入れるなよ』

◆登場人物◆

Illust by It Mama
出典: It Mama(イットママ)

「寝ない子ども」に実はパパは喜んでいた…?

Illust by It Mama
出典: It Mama(イットママ)

子どもとは、ほんのちょっとでもいいから、毎日触れ合いたいもの。だから、仕事から帰宅して、寝ていると思っていた子どもがまだ起きていたら、ママの嘆きとは裏腹にどこか嬉しい気持ちになります。

僕も、帰宅して娘(えっちゃん)が起きていたら、それだけで仕事の疲れも吹っ飛ぶほど嬉しくなります。

つい先日も、家に帰ったのが23時過ぎになってしまったのですが、なかなか寝つけないようで娘がまだ起きていたことがありました。

「えっちゃん!ただいまー!まだ起きててくれたんだねー!」

そう叫びながら娘に抱きつき、そのまま高い高いを3回。娘もかなり喜んでくれたので、そこから今度は“こちょこちょ合戦”がスタート。そしてその後は、追いかけっこ大会にまで発展しちゃいました。

こんな感じで思う存分、子どもともの触れ合いを楽しんだのですが……僕はそのときはまだ気づいていなかったのです。

この一連の僕の行動を、妻がそれはそれは“冷ややかな目”で見ていたことに……。

 

「やる気スイッチ」だけは押さないで!

shutterstock_150592244
source:http://www.shutterstock.com/

妻の異変に僕が気がついたのは、ちょうど追いかけっこ大会が終わりを迎えた頃でした。なんならこの後は、ダンス大会かボール投げ合戦でも始めようかと思っていたのですが、とてもとてもそんな雰囲気ではないのです。

ふと妻の方を見ると、怒りに震えた顔で、僕に言いました。

「やっとウトウトし始めて寝そうになったところなんだけど!寝る前にテンション上げないでよ!」

妻のあまりの迫力に、娘と遊びまくってかいた汗が、一瞬にして冷や汗に変わりました。汗は夜ふけ過ぎに冷や汗へと変わりました……。そして、そこでやっと事の重大さにも気づきました。

 

「寝かしつけ」へのママの気持ち

子どもの寝かしつけは本当に大変なもの。なかなか寝付けない子にはありとあらゆる手を使ってお眠りモードへと誘導しなければなりません。

そしてママは子どもの寝かしつけ後にもやらなければいけない事が沢山残っています。寝てくれないと肉体的にも精神的にもかなりキツイのは当然です。しかもこれ、毎日のことですからね。

そんなママの気持ちは露知らず、やっと子どもが寝そうになったところで、パパがそれをブチ壊してしまう。子どもの“やる気スイッチ”を押して、テンションを上げてしまう。

これではママは怒りを超えて、もうゲンナリしてしまうハズです。ママの“やる気スイッチ”は完全にオフになってしまうでしょう……。

寝る前はなるべく静かにして、変に子どもを刺激したりせずに眠りに入りやすい環境を作ってあげる。これは親としてとても大事なことです。なので、鈍感パパにもしっかりとルールの徹底をさせましょう。

 

次回の『ダメパパ川柳』のテーマは、「パパのおむつ替え」です。お楽しみに!

【画像】

※ MJTH / Shutterstock

【著者略歴】

山田周平・・・作家/ライター。Webライター・コピーライターとして、WEBサイトの企画・ライティングや恋愛コラムの執筆などを行っている。著書に『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』(大和出版)

【関連記事】

「叱るとき 必ずママを 悪役に」~パパのNG叱り方編~【ダメパパ川柳連載 第3回】

「ママ出かけ 30分で 家荒れる」~パパのお留守番編~【ダメパパ川柳連載 第2回】

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 多忙ママに嬉しい!1本で「化粧水」「乳液」「美容液」「パック」までこなすスキンケアとは[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

※ NYのサーフタウンをイメージした「スローなビアガーデン」登場

※ リフレッシュにも。赤ちゃんとできる骨盤ケア【親子でお家ヨガvol.5】

(2016年6月27日の記事を再掲載しています)

LINEで送る