【愛され妻シリーズ #06】愛されるヒミツ!夫に「早く帰りたい」と思われる妻の特徴4つ

source:http://www.shutterstock.com/

夫にとって落ち着く存在であったり、癒してあげられる妻であることができれば、仕事の後もまっすぐ家に帰りたいと思うものです。

拙著『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』の中でも、男性が自分のパートナーにしたいと考える相手は、一緒にいるとホッとすることできる女性であると述べています。

そこで今回は、夫に「早く帰りたい」と思われる妻の特徴を紹介します。

yamada03

夫が「ホッとできる環境」を作ることが大事

男性は、仕事の後は同僚と飲みに行ったり、友達と遊びに行ったりしたい人が多いと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。

次の日も朝から仕事があるので、家に帰ってゆっくり過ごしたいという気持ちだって強いはずです。

家が落ち着ける場所であったり、妻が癒してくれる存在であったなら、「早く家に帰りたい!」という思いもなおさら強くなるものでしょう。

夫がホッとできるような環境を作ることも、“愛され妻”の大きなポイントになってくることは間違いないですね。

 

夫に「早く帰りたい」と思われる妻の特徴4つ

source:http://www.shutterstock.com/

では、どういった妻に対して、夫はホッとできると感じるのでしょうか?

夫に「早く帰りたい」と思われる妻の特徴を以下にまとめてみました。

(1)「おかえり」と出迎えてあげる

仕事から帰宅して、妻に「おかえり」と笑顔で出迎えてもらえたり、子どもが走って玄関まで出迎えに来てくれるというのは、男性の憧れのシチュエーションです。

それをされるだけで疲れが吹っ飛びますし、その姿を見たくて「早く帰りたい」という気持ちにもなるものですよ。

 

(2)「お酒のつまみ」を作ってあげる

料理が美味しいことは、やはり夫が早く家に帰りたくなる大きな要因になります。

さらに夫が喜んでくれるのが、メインの食事の前に、まずは「お酒のつまみ」を出してあげること。

そこまでしてあげたら、夫も「別にもう飲み屋になんて行かなくてもいいや」という気分にもなるはずですよ。

(3)ちゃんと「部屋」が片付けてある

帰宅して家の中が汚いと、もうそれだけで男性はうんざりしてしまいます。

疲れが余計に溜まってしまいますし、妻に対して「昼間に何してたんだよ」なんて気持ちにもなってしまうでしょう。

完璧な状態にしろとは言いませんが、最低限の整理整頓はしておかないと、帰りたくもなくなってしまうでしょう。

(4)「聞き役」に徹してあげる

いつもちゃんと自分の話を聞いてくれる妻が家にいると思うと、帰ろうという気分にもなりやすいです。

お酒を一緒に飲んだりしながら、夫の話に耳を傾けてあげると、毎日早く帰って来てくれるようにもなるでしょう。

自分の話ばかりをしてしまうのは、絶対にNGの行動ですよ。

「帰りたい」と思われれば浮気も防げる

仕事の後、夫がまっすぐ家に帰りたいと思える環境を作れているかどうかは、妻にとってはとても大きなポイントです。

帰りたいと思える家でなければ、夫婦関係に距離もできてしまいますし、浮気に発展してしまう可能性だって出てきてしまいかねません。

夫の仕事の疲れを癒してあげられるような妻になれれば、仕事の後もすぐに帰りたくなるでしょうし、なくてはならない存在にもなれるはずです。

そんな関係になれれば、夫婦関係もずっと円満でいられるでしょう。

「帰りたい」と感じる家庭があれば、男性は仕事のやる気だって出てくるものです。

仕事の疲れを取ってあげて、やる気を出させてあげられる妻は、まさに“妻の鑑”とも言える存在ですね。

【画像】

※ goodluz, nazarovsergey  / Shutterstock

【関連記事】

※ 【愛され妻シリーズ #05】ずっと一緒にいたい!夫がホッとできる「癒しテクニック」4つ

※ 【愛され妻シリーズ #04】ココが大きなポイント!夫に「浮気されにくい妻」の特徴4つ

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 多忙ママに嬉しい!1本で「化粧水」「乳液」「美容液」「パック」までこなすスキンケアとは[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

※ 目覚めの悪い朝に。ベッドでできる1分のヨガ的ストレッチ

※ 忙しい女性の生活を変える?『Amazon Dash Button』で手に入るも

【著者略歴】

※ 山田周平・・・作家/ライター。Webライター・コピーライターとして、WEBサイトの企画・ライティングや恋愛コラムの執筆などを行っている。著書に『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』(大和出版)

(2016年9月9日の記事を再掲載しています)

LINEで送る