子どもについ怒り過ぎちゃった時は、謝った方がイイの?【四児のママ/子育てアドバイザーが回答】

37659334
source:https://itmama.jp/

あるママからこんな質問を受けました。

「子どもに怒り過ぎた、と思った時は、謝った方がいいのでしょうか」

しつけという観点からは、「謝るのは一貫していない。悪い事をしたら怒られるのは当たり前」と考えられます。一方で「親も人間、間違いは誰でもするもの。そんなときに謝る姿勢を見せる事も大事」という意見もありますね。

さあ、アナタならどうしますか?

今日は、四児の母であり子育てアドバイザーである筆者が、子どもに怒りすぎた時に悩んでいるママへ向けて対処法をお伝えします。

mica

迷いの元にあるのは「罪悪感」

この質問の基にあるのは「こんなにひどいことをしてしまった。そんな自分は許されない存在だ」という罪悪感です。

筆者もかつてはこうした罪悪感に悩まされ、「自分でない人がこの子たちを育てたら、良い所をそのまま伸ばしてくれるはず……」なんて一人思い悩んだものでした。

では、なぜこのような罪悪感が芽生えてくるのでしょうか?

自分の中の「罪悪感」に気づこう

ここでママたちが抱えているのは“自分が完璧でない事に対する罪悪感”です。

例えばついつい怒り過ぎたり、八つ当たりしたり……ということは、親のみならず、子どもも親に対してよくするものですよね。眠くなってぐずったり、疲れたら怒りっぽくなったりと、当たり前に起こる事です。でもそれらに対して親である私たちは、いちいち子どもに謝罪なんて求めませんよね。

自分が親としていつでも優しく、正しい判断ができる大人でありたいという完璧な状態を求めることが罪悪感を生んでいる、ということをまずは知りましょう。

「つい怒りすぎてしまった…」と悩むママへ

子どもが泣いていてもしつけとしてしっかりと叱ることが必要な時もありますし、少しくらい間違うことだってあるでしょう。でもどんな時でも愛をもって叱れば、子どもにはママの気持ちがしっかりと伝わるはずですよ。

“親たるものは完璧でなければならない”という考えから自分を解放してあげれば、例え自分が子どもに怒り過ぎたときにも“謝るべきか否か”という発想自体出てこなくなるでしょう。

いかがでしたか?

謝るか、謝らないかを気にするよりも、ママが知らず知らずに築いていた子育て論から自身を解放してあげましょう。そしてもう少し気楽に子どもと向かい合ってみると、これまでと違った子どもとの関係性が生まれるはずですよ!

【画像】

※ Redkaya / Shutterstock

【著者略歴】

mica・・・夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住の子育てアドバイザー、兼、ご機嫌妻アドバイザー。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!執筆依頼はブログよりどうぞ。

【関連記事】

※ 愛しているのに「愛情表現が下手なママ」になる、その理由は?

ご無沙汰」で欲求不満になってない?夫への上手な求め方

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 多忙ママに嬉しい!1本で「化粧水」「乳液」「美容液」「パック」までこなすスキンケアとは[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

※ 洋服の断捨離。クローゼットの整理を成功させるちょっとした工夫とは

※ はじめての産後ヨガに赤ちゃんのポーズ【NattyYoga】

(2015年9月15日の記事を再掲載しています)

LINEで送る