日本は危機的にスキル不足!? 世界が認めた「生き抜くための力」TOP5

shutterstock_82833979
source:https://www.shutterstock.com/

日本は未曽有の少子化に、働き方改革と、今までの社会がガラリと変わるような変化が起こっています。

実は私たちは、世界的に見ても今は大きな変化の中にいるのです。

ひと昔前までは、「日本のモノ造りの技術は世界一」などと言われていましたが、なんと「世界経済フォーラム」の調査によると、「スキル不足の労働者」の割合で日本は断トツの世界一だったのです。

今日は、心理学博士の著者が、現代の子ども達がさらされようとしている、世界の現状についての解説をします。

山本ユキコ

「スキル不足の労働者」世界ワースト1位は日本!

shutterstock_78643030
source:https://www.shutterstock.com/

世界経済フォーラムの2017年の年次総会では、「急速な技術の進歩とデジタル化が進む今、第4次産業革命とも言われる大きな変化が今、まさに起こりつつあること」と、「日本の労働者は世界でダントツの1位のスキル不足」が示されました。

OECDのレポートから引用された、世界の国でスキル不足の労働者の割合を示したデータでは、日本が圧倒的な1位でした。

・1位・・・日本(81%)

・2位・・・インド(64%)

・3位・・・ブラジル・トルコ(63%)

(Rachel Hallett,2017の図を改変)

また、第4次産業革命が本格的になると言われる激動の2020年に向けて仕事で必要になるスキルとしては、以下のような能力がTOP5として挙げられています。

(1)複雑な問題解決能力

(2)批判的思考

(3)創造性

(4)人材のマネジメント能力

(5)他者との協力する力

(Rachel Hallett,2017の図を改変)

なぜ日本がワースト1位なの?

日本はなぜ世界のぶっちぎりのトップで仕事のスキルがないのでしょうか。1つの原因は、大学入試に的を絞った教育制度であると、著者は考えます。

知識の詰め込みと与えられた課題をこなすだけの教育では、上記のスキルはどれもほとんど身に付けることは難しいでしょう。

国内最高の大学を出て、国家公務員Ⅰ種試験に合格し、エリートコースで挫折してウツで退職。大学院で博士号をとって、ワーキングプア。そんな人たちがザラにいる時代になってしまいました。

私たち母親は、教育の目標は「いい学校に入れるため」という考え方を捨てなければいけない時代になったのです。

いい大学に入れるのではなく、一生働けて生活していけることを目標に子どもの教育を考える。

あなたも子どものために、ぜひ、このような視点で教育を行ってください。

【引用・画像】

These countries are facing the greatest skills shortages – WORLD ECONOMIC FORUM

※ Maria Uspenskaya, Pressmaster / shutterstock

【関連記事】

※ 【21世紀型子育て#1】将来勝ち抜く「5割の人材」必須スキル3つ

頭のいいバカはいらない?「社会に通用する」子育ての心得とは

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

ベストショット自動選定♪上質フォトアルバムが「最短10分」で完成の神アプリ[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

※ 心地よい暮らしのヒントが見つかる「フランスウイーク」開催

※ 『エルバビーバ』から親子で使えるスペシャルキット登場

(2015年4月17日の記事を再掲載しています)

LINEで送る