90%のママが望んでいる?よごれを忘れて「夢中で遊ぶ記念日」が決定!

小さな子どもはよく遊び、よく寝て、毎日ぐんぐん成長していきますよね。

ママやパパも小さい頃は公園で泥んこになって無我夢中で遊んでいたのではないでしょうか。

ですが、たくさん遊んで帰ってみると顔や手はもちろん洋服や靴もドロドロ、それを洗濯するママに怒られてしまった経験も“あるある”ですよね……。

そこで「たくさん遊んで欲しいけど、よごれるのは気になる」というママの葛藤に常に向き合ってきた衣料用洗たく洗剤「アタック」が、毎年4月5日を、「4月(よ)5日(ごそう)」にかけて、思いっきりよごれて遊ぶことを推奨する、新しい記念日「よごそうデー」として制定、一般社団法人 日本記念日協会に申請し、正式に登録認定されました!

一体なぜそのような記念日を制定したのでしょうか? そこには、育児中のママへの大切なメッセージが込められていました。

90%のママが「子どもの遊び方」に望んでいることって?

花王株式会社が小学校低学年(9歳)までの子どもを持つ母親200名を対象に行った「よごれに関する調査」では、回答したママの90%が「好きなだけよごれて遊ぶ経験をした方が良い」と考えていることが分かりました。

ですが、実際に「子どもがよごれて帰ってくるのは気になる」と回答したママは76%もいたそうです!

また、最近1週間で「子どもが好きなだけよごれて遊んだ」と答えた母親はわずか32%で、「できれば子どもにはよごれて思いっきり遊ぶ機会をつくってあげたい」(87%)という思いとギャップがあることがわかっています。

ママだって、洗濯物は多くなってしまうけれど、本当は子どもの成長のために汚れてでもたくさん遊んで大きくなって欲しい、色々なことを学んで欲しいと望んでいるのですね。

今回制定された「よごそうデー」は、そんな子育て中のママの葛藤を軽減するキッカケにもなりそうです。さらに、思いっきりよごれて遊ぶことが、実は子どもの発達・成長にも好影響なことを3人の専門家が教えてくれました!

みんなで夢中に遊べる「よごそうデー」は発育にも影響!?

ワークショップでは、ロハスキッズ・センター クローバー園の子ども達とアーティストJUN INOUEさんが“春”を連想してよごれながらダイナミックな1枚の絵を作成!


絵の具が混ざり合ったオンリーワンの色を、様々な道具を使って無邪気に塗っていく子ども達を見て、ロハスキッズ・センター クローバーの中田園長もよごれながら笑顔で混ざっていきました。

 


 

Q:中田園長の考える「子育て」で大切なこととは?

中田園長
子育てに正解はないので、「~したほうが良い」ということは無いです。長い目で子どもと向き合い、めいっぱい遊ばせてあげて、子ども達の世界をどんどん広げてあげていくことだと思います。
例えば、私達の園では想像力を伸ばすために洋服を作る過程を学ぶ“会社見学”に出かけたり、美術館に出かけたり、いろいろな世界を子ども達に見て・体験してもらっています。

Q:パパやママでも、普段から子どもにできることってありますか?

中田園長
日常生活でも、家の中のテーブルに季節ごとの花や果物を置く、絵や写真を飾ってみる、両親の好きなところに出かけ楽しむ姿を見せる……など、ママやパパが楽しんでできることは、子どもにとってハッピーなことなんですよ。
そして、まだ小さい子どもにとって遊ぶとよごれてしまうのは自然なこと! それを尊重していつだって夢中になって遊べる選択をさせてあげることが、大人達の役目ではないでしょうか。

子どもが「夢中になって遊ぶこと」は成長に不可欠!?

杏林大学医学部名誉教授の古賀良彦先生と、特定非営利活動法人「日本冒険遊び場づくり協会」理事の関戸博樹さんによると、教育だけでなく“脳の発達”に関しても夢中になって遊ぶことは重要な意味を持つそうです。

Q:なぜ遊びが重要なのか?「よごそうデー」が制定された感想は?

古賀先生
子どもだってストレスはたまります。それを防ぎバランスよく発達するには、「3つのR」Rest(休息)、Relaxation(くつろぎ)、Recreation(遊び)がキーワードなんです。
とくに大切なのは“遊び”です。でも中途半端ではなく、楽しく何かに熱中することで子どもの脳が100%力を発揮していくため、熱中することが大事!
今日のイベントを見て、発達をする上で子どもがよく遊び、よく寝ることが心と身体の発達に重要だと再認識しました。

左:関戸さん、右:古賀先生

関戸さん
子どもの成長や発達に関していえば、「よごそうデー」制定は大賛成!
ですが、子どもが夢中になって遊ぶ中で、“よごれたら怒られる”とためらう子どもがいるのも事実です。
そんな中でやってみたい気持ち、子どもの好奇心などを選べる場は大切だと感じました。子どもが何を好み、何を学ぶのか、遊ぶ中で身につけて成長してほしいですね。

いかがでしたか?

子どもにとってよごれながら夢中になれる遊びこそが、とても大切だと分かりましたね。

衣料用洗たく洗剤「アタック」は、2017年の発売30周年を機に、「よごそう。」をテーマに子どもから大人まで、よごれを気にせず夢中になって、思いっきり挑戦してほしいというメッセージを発信し、プロジェクトサイト「よごそう.com」を起点に、様々な企画を展開中です。

今後もいろいろな仕掛けが始まっていくので、ぜひ注目してみてくださいね♪

【参考】

夢中になって「よごそう。」!アタックの特設HPの詳細はコチラ

Sponsored by 花王

調査概要
調査期間:2017年3月25日~3月26日
対象者:首都圏在住(一都三県)/40代/未就学児~小学校低学年の子どものいる女性
サンプル数:200名
調査方法:インターネット調査

LINEで送る