「育児ツライ日本死ね派 or ママ、チョー楽しい派」2つに分かれる原因は?

source:https://www.shutterstock.com/

今の世の中、“ママであること”がある意味ブランド化していて、ママをターゲットにした商品、市場なども広がっていますよね。

インスタを開けばキラキラした綺麗なママ達が楽しそうなママライフを公開しているのも見かけます。

一方冒頭のタイトルにあるように、“保育園落ちた日本死ね”というメッセージに代表されるような日本での育児は辛い、理解されない、というスタンスをネットで発信し続けるママ達もいますよね。

今回は、ママが“育児辛い日本死ね派・ママってチョー楽しい派”に分かれる原因について考察してみたいと思います。

新里百合子

LINEで送る