教えて!「ママ友グループを円満に抜ける」方法って?

shutterstock_411538330
source:https://www.shutterstock.com/

ママ友つながりは、上手くいっていればお喋りしたりランチしたりして、ママの精神安定剤になります。

しかし、逆にギクシャクしてしまったり、馴染めなかったりすると、そのグループに属しているだけで大きなストレスになってしまうことも。

「何とかしてグループから抜けたい」と思ったとき、どうすればいいのでしょうか?

佐藤めぐみ

繋がりが切りにくい「現代のママ友」

shutterstock_573823699
source:https://www.shutterstock.com/

今の時代、ママ友同士のやりとりは、SNSやLINEが中心です。

普段はとても便利なツールであるスマホ上のコミュニケーションですが、「ちょっと距離を置きたいな」と思ったときには、逆にそれが仇となることがあります。

「距離を置くために、もう今日から返信をしないことにしよう!」というわけにはいかないからです。

実際にはやろうと思えばできることですが、そうスパッと割り切れるものではありませんね。

「既読スルー、何て思われるだろう?」ということが気になって、それがストレスになったりします。

幼稚園の送り迎えで、公園で……というような、ひと昔前のママ友づきあいよりは、ずっと距離を置くことが難しくなっていきているのは確かでしょう。

 

ママ友が納得してくれやすい理由

では、スマホでバッチリつながっているママが、「グループから抜けたい」「距離を置きたい」と思ったとき、どうしたら穏便に抜けられるのでしょうか?

「穏便に」と思うのなら、特定の相手だけを考慮した理由は避け、一般的な理由を考える方が賢明です。

1番良いのは、自分を忙しくしてしまうことです。

事実として、スマホで返答したり、会に参加したりする時間が取れない“事情“を作れば良いのです。

たとえば、「資格を取るための勉強をはじめた」「パートに出ることにした」などがそうです。

あるいは、「ここのところ体調が悪くて」「主人から○○を頼まれた」など、“自分ではどうにもならない事情”でも良いかもしれません。

「忙しいんだ」「それなら仕方ない」と思ってもらえれば、自然と距離をおくこともできるかもしれません。

いかがでしたか?

もしスマホつながりが抜けづらい原因だと分かったら、希薄な交友関係を広げすぎず、自分からスマホと距離を置くようにすることもいい助けになるはずです。

ぜひ、参考にしてくださいね。

 

【参考・画像】

※  Kzenon、da Productions / Shutterstock

 

 

【著者略歴】

佐藤めぐみ… アメリカ、イギリス、オランダで学んだ心理学を、日本のママたちが取り入れやすい形にした「ポジティブ育児メソッド」を考案。現在は、ポジティブ育児研究所・代表のほか、育児相談室でのカウンセリング、メディアや企業への執筆活動などを通じ、子育て心理学でママをサポートする活動をしている。著書に「子育て心理学のプロが教える 輝くママの習慣」など。

【関連記事】

ドロドロ派?サラサラ派?あなたの「ママ友関係」はどっち

場の雰囲気でつい…「ママ友の悪口」がはらむリスク4つ

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

ベストショット自動選定♪上質フォトアルバムが「最短10分」で完成の神アプリ[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

(2017年2月11日の記事を再掲載しています)

 

LINEで送る