【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#65 どうしてこんな簡単なことができないのかイライラしてしまいます。

65_banner

「1人でできる子になる『テキトー母さん流』子育てのコツ」の著者の立石美津子が、ママ達の育児の素朴な疑問に応えるQ&A連載、【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】をお伝えします。


1

立石 美津子
専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

第64回は「叱るときつい人格否定するような言葉を使ってしまいます」の疑問にお応えしましたが、第      回のテーマはこちら。

テキトーQ&A

親と子どもの行動が似ている場合、似ていない場合

ママがてきぱき行動をして、段取りがよく要領もいい人、つまり”せっかち母さん”。生まれた子どもがよく似ていてパッパと何事もそつなくこなす子だった場合、ママのストレスはそんなに強くはならないと思います。

ところが、子どもがボーッとしているタイプでのんびり屋さんだったら、ついイライラしてしまい「どうして、もっとさっさと行動できないの?」と感じてしまいます。

芸術作品のようなキャラ弁を作ることができたり、子どもの持ち物を裁縫道具を取り出しサッサと作ることができる手先の器用なママは不器用なわが子にイラついたりします。

靴ひもを結んだり、ジッパーを上げたり、折り紙が上手に折れなかったりすると「どうして、こんなに簡単なことができないの」と注意したくなってしまいます。

要は自分が簡単にできてしまうので、できないわが子のことが理解できないのですね。

(C)あべゆみこ
(C)あべゆみこ

学校でも

数学が得意な先生が小学生に算数を教えるとき、いちいちつまずく生徒に対して「どうして、こんな簡単な問題がわからないんだ」と感じてしまうことがあるようです。

自分がつまずいた経験がないので、「なぜ、そこで悪戦苦闘しているのか」がわからないのです。

たとえば、3+2、4+1が解けるのに、4+3になると「わからない」と言ってくる生徒に対して、「同じような計算問題じゃないか!なぜ、わからないんだ!」思ってしまうのです。

でも、よく考えてみると3+4は、3+9のようにある意味“繰り上がりの計算”と似ている要素があるのです。

だから、数字が苦手な子どもは苦戦します。

もし、先生が子どもの頃に算数が苦手だったら、この子の苦悩が手に取るようにわかるでしょう。

すると教え方も工夫するようになります。

このように数学が得意な先生が必ずしも教え方がうまいとは限らないんですね。

教師でも頭が切れて学歴が高いと“出来ない生徒の気持ち”がわからないことがあります。

 

子育ては自分のペースでは進まない

仕事をバリバリしていたキャリアを積んだ人でも、ママになったとたん、子育てだけは自分のペースではできず思い通りに事は進みません。

「○時に家を出る」と決めていても出る間際に、「おしっこ!」と言ってきたり、玄関で靴下や靴を履くのをグズグズしていたり……。

そしてつい「私がやった方が早いわ」となってしまい待ちきれなくなり、手を出してしまいます。

子どもからは「僕がやらなくても、ママが履かせてくれる」とお見通しで、さらにグズグズしたりします。悪循環ですね。

(C)あべゆみこ
(C)あべゆみこ

ママと子どもは違う人間です。子どもの性格をしっかり見てあげましょうね。

そして、自分で行動できるようにする子に育てるには、“親がぐっと我慢して待つ修行”が必要かもしれません。

それから、子どもに与えているハードルや親の期待値が高すぎませんか?

たとえばズボンを履けない我が子にイライラしているママ。

片方の足だけ入れられたらOK、自分でズボンを持ってきただけでOKなど課題を低くしてあげましょう。

 

【参考・画像】

※ 〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』
テキトー漫画

※ 『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』
cover_subaru_ikuji2

【関連記事】

※ 【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#64 叱るときつい人格否定するような言葉を使ってしまいます

※ 【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#63 人に迷惑をかけない子に育ってほしいのですが

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

ベストショット自動選定♪上質フォトアルバムが「最短10分」で完成の神アプリ[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

(2016年10月8日の記事を再掲載しています)

LINEで送る