や、やめて~!「子どもの破壊の標的」になりやすいもの3つ

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

子どもにおもちゃを与えても、結局おもちゃ以外の「これ?」というものがお気に入りの遊びものになってしまったりしますよね。

そして中には、とても高価なもので遊び始めたり、高価な家具などの上でご飯や飲み物をこぼしたり……家の中のものはことごとく子どもにやられていきます。

今日は、中でも壊しがちなモノをご紹介したいと思います。

yunoさん

や、やめて~!冷や汗連発「子どものに壊されやすいもの」

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

子どもは遊びの達人です。どんなものでもおもちゃにできます。

特に「これだけはやめて」とママが思う、危険なものや高価なものって、不思議と子どもの餌食になりやすいのです。

(1)スマホ&タブレット

今どきの子あるあるですね。ママが常に触っているものだから気になるのでしょうか、どんな子でもこれは大好きですよね。

そして、筆者の周りの多くのママも、1度は画面を割られています……。

筆者の家も、主人の画面がバキバキになり、最近はiPadも割られそうになって冷や汗が出ました。

 

(2)財布

これも間違いなく子どもに狙われるものですね!

「なんか静かだな」と思った時はだいたい財布の中からお札やカードを取り出して床にバラバラにしています。

ついでに小銭を口に入れようとしていたりして、心臓が止まりそうになる時もあります。

 

(3)手帳

子どもは破るのが大好き。特にドキっとするのは大切なスケジュールを書き込んでいる手帳です。

ママが大事にしているものほど子どもも特別な感情をもつのでしょうか、破られた紙を繋げるのは本当に大変なんですけどね……。

その他にも、カレーなどの汚れやすいものを食べているときに、ママに抱きついてきてこられたり、高価なカーペットに真っ逆さまにこぼされたりすることも多くのママが経験しているようです。

 

何とかとこらえて!子どもへの応対術

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

大事なものを壊されたり、危険なものに手を触れようとしたときにどうしてもママは「ダメ!」という言葉が出てしまうものです。

しかしそのように、恐い顔で大きな声で怒ってしまうと、その直後に後悔するときもあります。ではどのように対応したら良いのか、悩みどころですよね。

まず心掛けたいのは「ダメ!」「どうして触るの!?」などの感情的な言葉だけで怒るのは控えること。

子どもは、自分の1番の理解者であるママが、“なぜか分からないけど急に恐い人になってしまった”と認識してしまいます。

まだ喋れない0歳の子どもであっても、実は子どもはかなり多くのことを理解しています。

子どもにしてほしくないことをされた時には、なぜダメなのかをきちんと説明するようにしましょう。

「これはママの大切なものだから、○○ちゃんにも大切にしてほしいな」「これを触ると〇〇君が痛い痛いになっちゃうから」と、目を見てゆっくり説明しましょう。

1度で理解するのは難しいので、毎回同じ言葉で、根気よくじっくり説明してみてくださいね。

まだ話せないこどもであってもきっとママが真剣に伝えていけば理解してくれる日が来るはず。

心の中では「もう最悪!これ高かったのに~」と思っていても、できるだけ顔に出さないように頑張りましょうね。

 

【画像】

※ Lopolo, Antonio Guillem, Image Point Fr / shutterstock

 

【著者略歴】

Yuno・・・ヨガ・アーユルヴェーダ・おむつなし育児アドバイザーの分野で活動。自身のスタジオWindhillを2015年港区白金台に設立し子連れのママヨガやマタニティヨガは大きな反響を集めています。また2015年に第一子を出産。自然な生活・自然な育児をモットーに、妊婦さんや産後のママのサポートに励んでおります。2016年秋からは認可外保育園で、アーユルヴェーダ食の献立を提供したり、おむつなし育児のサポートをし、子どもたちが自然に、また健康に育つための活動をしている。

【関連記事】

「勉強って楽しい!」子どもの学習意欲を刺激する3つのコツ

小学校教育の最前線!「注目の教育法」と現役塾講師が思うコト

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

ベストショット自動選定♪上質フォトアルバムが「最短10分」で完成の神アプリ[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

(2017年2月11日の記事を再掲載しています)

 

LINEで送る