【ツレが産後ウツになりまして】第1回:地獄!義父母との1ヶ月間共同生活<前編>

shutterstock_208017448
source:http://www.shutterstock.com/

3年に及ぶ不妊治療、2度の流産を乗り越え、42歳にして遂にパパに! しかし……喜びも束の間、妻が“産後ウツ”になってしまった!

自身の妊活奮闘記を綴った著書『俺たち妊活部』の著者・村橋ゴローがお送りする新連載『ツレが産後ウツになりまして』がスタートします!

人生最良の日“第一子誕生”の次に襲った夫婦の危機、それは義父母との共同生活から始まった。

 

義父母との1ヶ月間の共同生活、始まる

source:http://www.shutterstock.com/

わが子の出産に立ち会ったとき、3年に及ぶ不妊治療の苦労を思うとその達成感からか、なぜか頭のなかでエンドロールが流れた。

しかし当たり前だがエンドロールは不妊治療の終えんを意味するだけで、“子育て”という永い永い大河ドラマが始まったことに、僕はまだ気づいていなかった。

しかもそれは“山あり谷あり”ではなく、“谷あり谷あり”のドラマだったということも……。

まさか妻が、「産後ウツ」になるなんて。

産後1週間の入院、どさくさにまぎれて1泊3万円もする個室での養生を終えた妻が、赤ちゃんとわが家へ帰ってきた。

時を同じくして、田舎から義理の父と母が上京。妻は41歳での高齢初産、子育てに関する知識も体力もない。そのため、赤ちゃんのお世話を手伝ってもらうためだ。そう、彼らとの1ヶ月に及ぶ共同生活が始まったのだ。

僕はこの共同生活を甘く見ていた。何とかなるだろうと。

ウチに寝泊まりして24時間一緒にいるのはさすがに互いに息が詰まるだろうと、実は自宅近くのウイークリーマンションを借りることに。オトンとオカンは、そこに寝泊まりしてもらう。共同生活といっても、朝8時にふたりがウチのマンションにやって来て、夜8時に帰っていく間だけのこと。そうタカをくくっていた。

 

義父母との関係が悪化、じんましん発症

shutterstock_150593741
source:http://www.shutterstock.com/

共同生活が始まり、僕はいつものように10時過ぎに起きると、朝8時にはやって来たというオトンとオカンがいた。

妻は母乳の出し方をオカンから教わっていて、懸命に赤ちゃんに吸わせていた。オトンはその光景をまじまじと眺めるわけにもいかず、所在なさげにしている。

そんな数日が過ぎた、ある日。妻から、こんなことを言われた。

「オトンとオカンが、あなたのことをよく思ってないみたい。朝は起きるのが遅いし、かといってそこからネクタイを締めて仕事に行くでもない。あいつは何をしてるんだ、って」

ライターという仕事に始業も終業もない。あるのは締め切りだけだ。ケツさえ合えば、昼にやろうが夜中にやろうが、関係ない。しかし、そんな理屈は彼らには通用しなかった。

オトンとオカンは長崎県島原市で、目の前には有明海、背中には雲仙普賢岳という田舎で、魚屋を営んでいた。1尾何百円という商売をして、一人娘を大学にまで入れたのだ。彼らにとっての正義とは、早く起きて仕事に行くこと。

やっと授かった子宝、わが娘は2時間おきの授乳に疲労困憊している。なのにその亭主といったら、朝イチから子育てに参加もせず、仕事にも行かない。なんて野郎だ。こう映っていたのだろう。

日を追うごとに彼らとの壁を感じた僕の精神は悲鳴をあげ、それはじんましんとなって両腕、背中、両足……体中に現れた。

 

40数年前、義父母を襲った「ある悲劇」とは?

source:http://www.shutterstock.com/

オトンオカンと、昔から仲が悪かったわけではない。気軽に冗談も言い合えたし、些細なことからケンカまで始めてしまうほど仲はよかった。

それなのに、子どものお世話に来て以来、特にオカンはギスギスしている。どこか取り憑かれたように、赤ちゃんの世話を焼いていた。

それには理由があった。

実は、妻にはお兄ちゃんがいた。“いた”というのも、生後3日で亡くなってしまったのだ。つまりオトンとオカンは、長男を3日で亡くした過去を持つ。自分に子ができてわかるが、これ以上の地獄はない。

その地獄から彼らは生還し、妻であるりえを出産。そのりえももう四十路。もはや初孫を諦めたであろうころに、わが娘が懐妊。しかも男の子だという。だから彼らからすれば、亡くした息子が娘の体をつかって輪廻してきた。そんな感覚に囚われていたのかもしれない。

だからこそもう、必死になって世話をしていたのだ。だからこそ、朝イチに起きない僕が憎たらしかったのだ。

こうして始まった1ヶ月に及ぶ同居生活、まだ1週間が過ぎたばかりだった……。

奥さんが里帰り出産をしている期間に、その実家を訪れたことのある人ならなんとなく感じるかもしれない、あの“嫁+嫁家族 VS 夫一人”の関係性とその疎外感。

ましてやそれが、義両親が上京しての共同生活がスタートしたのだ。問題が起こらない訳がなかった。

出産で幸せの絶頂にいる夫婦がまず最初にぶち当たる壁は、子育てよりも夫婦や家族との関係性かもしれない。

次回、「地獄!義父母との1ヶ月間共同生活~後編~」をお送りします。

 

【著者略歴】

※ 村橋ゴロー・・・72年、東京都出身。大学生のときライターデビュー。以降、男性誌から女性誌、学年誌など幅広い分野で活躍。千原ジュニア、田村淳、タカアンドトシ、次長課長、高橋克典など多くの芸人、俳優陣の連載構成を手掛ける。3年に及ぶ、自身の不妊治療奮闘記をまとめた著作『俺たち妊活部』(主婦の友社刊)が好評を博す。また主な構成/著作に、『すなわち、便所は宇宙である』シリーズ(千原ジュニア著・扶桑社刊)、累計200万部突破した『GO!GO!バカ画像シリーズ』、『裏モテの秘策』(ともにKKベストセラーズ刊)などがある。結婚以来11年間、炊事・洗濯・掃除をこなす兼業主夫でもある。

 

 

 

 

【参考】

book

※ 村橋ゴロー(2016)『俺たち妊活部』(主婦の友社)

※ Monkey Business Images、goodluz、 MJTH / Shutterstock

※ Ishadow / PIXTA

【関連記事】

※ 妊産婦自殺の3人に1人が発症してた…後悔しないためにしたい「産後うつ」対策2つ

※ 「産後うつ」のママ必見!症状が40%も減少する有酸素運動と瞑想のスゴイ効果

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

ベストショット自動選定♪上質フォトアルバムが「最短10分」で完成の神アプリ[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

(2015年5月14日の記事を再掲載しています)

LINEで送る