2020年センター試験廃止…「今の子に絶対に必要な」能力3つ

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

あなたは、お子さんが将来どのようになって欲しいと思って教育をしますか?

いい大学に入って欲しい? 一流企業に入って欲しい? とりあえずその場の勝ち組になれればいい?

今まではいい大学に入ることをゴールとして考えればいい時代でした。しかし、今はもう違うのです。

心理学博士の著者が今まさに行われようとしている教育改革についての解説します。

山本ユキコ

新しい時代にふさわしい教育

source:https://www.shutterstock.com/d
source:https://www.shutterstock.com/d

2014年12月、文部科学省から「新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革」が打ち出されました。

「すべての若者が夢や目標を芽吹かせ、未来に花開かせるため」の教育改革が行われようとしているのです。

2016年の最終報告では、教育カリキュラムは高校も大学も、下記の“学力の3要素”を重視したものに変わるとしています。

(1)十分な知識・技能

(2)それらを基盤にして答えが一つ に定まらない問題に自ら解を見いだしていく思考力・判断力・表現力等の能力

(3)これらの基になる主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

これからは、“アクティブ・ラーニング”と呼ばれる、生徒自身が討論や研究をしながら答えのない問題に取り組む学習が増え、仕事に必要なスキルの獲得に、教育を近づけるようにします。

さらに、「知識」を問う問題が中心の大学入試センター試験は、2020年から、「思考力・判断力・表現力」を中心に評価する「大学入学希望者学力評 価テスト(仮称)」に変わります。

テストが変わり、高校・大学のカリキュラムも変える。国も本気の改革を進めているのです。

 

「いい大学に入れればいい」という価値観はもう古い

働き方も、教育も大幅に変わってきている今。ただ、いい大学に入れればいいという価値観はもう古いものです。

幸せになるかどうかわからない、いい大学を目指すだけのレースに加わる必要はなく、その子にあった能力を伸ばし、他人と協力して、創造的な仕事ができる幸せな社会人になることがゴールなのです。

筆者は、この新たな時代の子育てについて一所懸命考えて、できることをしていきます。あなたも一緒にぜひ、考えてみて下さい。

きっと、お子さんもさらにそのお子さんも幸せになれる日本の明るい未来につながるはずです。

 

【参考・画像】

新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について(答申)(中教審第177号) – 文部科学省

高大接続システム改革会議「最終報告」の公表について – 文部科学省

※ Billion Photos, Pressmaster / shutterstock

【関連記事】

※ プログラミングも!? イマドキの小学生に人気の「習い事」TOP5

※ 東大出身だから犯罪者に…!? 「早期教育と人間性」に因果関係はあるのか

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

ベストショット自動選定♪上質フォトアルバムが「最短10分」で完成の神アプリ[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

【書籍】

※ 『赤ちゃんがぐっすり寝てくれる奇跡の7日間プログラム』(Amazon)

※ 『赤ちゃんがぐっすり寝てくれる奇跡の7日間プログラム』(楽天)

nekashituke

山本ユキコ・・・心理学博士。「子育ては会社でシェアする」をキャッチフレーズに「企業の社員の子育ても、企業の仕事の一部」と、職員の子育てのチームを組織する活動を推進している、子育てフィロソフィ代表。2,000人以上の親子を指導。2児の母親。著書「出産・育児ママのトリセツ『子どもができて妻が別人になりました』というあなた」「赤ちゃんがぐっすり寝てくれる奇跡の7日間プログラム」

(2017年2月12日の記事を再掲載しています)

LINEで送る