「子どものいたずらに怒鳴ってしまいます…」→絶対にやめましょう

source:http://www.shutterstock.com/

子どものいたずらを見つけた時、お母さんの中にはついつい大人げなく怒鳴ってしまって、後でどうすればよかったんだろうと悩んでしまっている方も多いかと思います。

そこで今回は、子どものいたずらでお母さんが気を付けておきたいこと、NGな対応をご紹介します。

RAY

 

それって本当に「いたずら」なの?

1歳半から2歳頃にかけて、つかまり歩きなどで、自分で行動できるようになったころから、ママが“いたずら”と捉える行動が始まります。早い子ではハイハイできるようになった頃から始まります。

いたずらとは、児童心理学において“探索欲求にもとづく行動”と呼ばれています。

例えば、ティッシュを次から次へと引っ張り出し、戻しても繰り返す。これもお母さんから見ればいたずらですが、子どもからしたら、動かせるようになった腕と指先を使って「ティッシュとは何か?」を自ら触って体験し、調べている行動となります。

そのため、この時期の行動にはほとんど悪意はありません。

つまり、いたずらと思っていたことは、“子どもの成長発達において大切な行動”といえます。

LINEで送る