発達障害の子どもを「通常学級」に入れるとき気をつけるべきこと #37

(C)あべゆみこ

‟子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方”の著者の立石美津子の連載「もしかしてウチの子、障害児?」です。今日は第37回目

普通児に限りなく近いグレーゾーンの子どもたち。発達障害と診断されると、小学校の進級先を「特別支援学級」にするのか、「通常学級」にするのか、すごく悩んでしまいますよね。

通常級は、1年生は生徒35人に対して担任が1人という配置です。そこで教科書に沿って授業が進められていきます。

そんな環境の中で過ごすとき、どんなことが大切なのかをお話します。

立石美津子

LINEで送る