【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#50  叱るときどうしても自分以外の強い力を借りてしまいます。

(c)あべゆみこ
(c)あべゆみこ

「1人でできる子になる『テキトー母さん流』子育てのコツ」の著者の立石美津子が、ママ達の育児の素朴な疑問に応えるQ&A連載、【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】をお伝えします。

第49回は『お母さんなんだから強くならないとだめですか?』の疑問にお応えしましたが、第50回のテーマはこちら。

テキトーQ&A

こんなことを言っていませんか?

「運転手さんに注意されちゃうよ」

「お店の人に叱られちゃうよ」

「連絡帳に書いておきますからね。明日、先生からも叱ってもらいますからね」

「パパが帰ってきたら、パパからも叱ってもらいますからね」

どうでしょうか? このセリフに、“ママの意思”や“ママの存在”はあるでしょうか?

この言い方だと、他人の強い力に頼ってしつけていることになります。

「ママは自分では力不足だから強い人の力を借りている」と思われ、甘く見られてしまいます。

さらに他人の力を使って子どもをコントロールする行為を続けていると、「先生に言いつけちゃうからね」などと子どもも親の真似をするようになってしまいます。

また、よく考えてみれば、“誰かに叱られるから、いい子にしなくてなならない”わけではありませんよね。

このような注意の仕方をしていると、

「もし、バスの中に他の乗客がいなかったら騒いでもいいんだ」

「お店の人に見つからなかったら鳥の胸肉のパックをプスプス指で刺してもいいんだ」

「前のおじさんが優しい人だったら騒いでもいいんだ」

と解釈してしまいます。

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

 

どう言えばいいのか

「バスの中は公園やおうちじゃないよ。走り回ったり大声を出すところではないよね。静かに座っていられないのだったら、次の駅で降りましょう。」

「この胸肉はお金を払って買っていないものでしょう。指の跡がついていたら誰も買いたくなくなるよね。売り物は見ているだけにしようね」

こうやって「なぜ、それをしてはいけないのか」をきちんと説明すれば、親が見ていない時でも、誰からも注意を受けなくてもルールに従ってくれるようになりますよ。

 

クレーマーの中にも同じような人がいる

保育参観後、担任に不満があるとき、自分1人の力で相手をねじ伏せられないと考え「他のママもみんな同じように言っています」と言ってくる保護者がいます。

それから、そこにいない夫を出してきて、「主人もそう言っていました」と言う人もいます。

筆者も先生をしていた頃、何度かこれを言われたことがありました。

しかし、心の中では「きっとこのお母さんは自信がないから、他の人に責任の一端を負わせたいんだな……」と感じながらこの言葉を聞いていました。

何か意見があるときは自分の意思を持ってしっかりと相手に伝えるようにしましょう。

これはわが子に対しても同じですよ。

それから、「ママ怒るよ」と注意している人もいますが、これも「ママが怒るから静かにしなさい」と言っているのと同じことで、ちょっとおかしなしつけ方です。

「それはしてはならないこと」と、ルールをきちんと教えていきましょうね。

 

 

【参考・画像】

※ 〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』
テキトー漫画

※ 『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』
cover_subaru_ikuji2

※ SpeedKingz / Shutterstock

【関連記事】

※ 【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#47 「仲良く遊ぶのよ」と注意しても効き目がありません

※ 【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#46 親の果たせなかった夢を子どもに託すのはいけないことなのでしょうか?

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

初めてのフォトブック作成で失敗したくないママにオススメの神アプリはコレ[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

(2016年9月14日の記事を再掲載しています)

LINEで送る