体育教師が感じる「子どもの運動能力低下」ボール投げ上達4つの秘訣

source:https://www.shutterstock.com/

先日、中学で体育教師をしているママ友と子どもの運動能力の話をしていた時、「今の子ども達って、親が子どもだった時よりも運動能力が落ちていると感じる」とのことでした。

例えばどんなことができないのかきいてみると……、

・持久走で走りきれない(タイムがおそすぎる・ダラダラ)
・ボールをうまく投げられない・キャッチできない
・ちょっと高いところから飛び降りたり、着地できない
・まっすぐ走れない

特に、“走る・投げる”の基本動作ができない子が多いそうです。印象的だったのが、「できる子とできない子の差が激しく、中間の子がいない」ということでした。

ボールを投げられなくても困らないと言われればそうですが、バランスのいい健康的な体づくりは子どもたちに必要だと思います。

今回は、現代の子どもの「投げる・とる」動作の状況と、投げる動作を遊びのなかで身につける秘訣を、現役中学体育教師のママ友にきいてきました。

aoki_prof

 

LINEで送る