日本のイクメン度は世界最低?「パパ魂」を呼び覚ます4つのコツ

source:http://www.shutterstock.com/

以前お伝えしたように、3月は1年で最も離婚の多い月。

株式会社ヴォルテッジによると、未婚・晩婚・少子化が進む一方で、離婚率は増加、結婚しても3 組に 1 組が離婚しており、その原因の半数以上が、産前産後に旦那が子育てに積極的でなかったり、夫婦の関わり方での亀裂が起因となっているようです。

夫婦間での子育て意識差をなくし、“子育て離婚”を防ぐためには“パパをイクメンに変えられるか?”が鍵になりそうです。

 

不都合な真実「日本のパパは世界一家事をやらない」

果たして今の“イクメン事情”はどんなものなのでしょうか?

同社によると、

<世界的に見れば、先進国における旦那の家事・育児分担率は3~4割が当たり前。子供がいる共働き夫婦の旦那の家事・家族のケアの分担率はスウェーデンが42.7%、アメリカが37.1%、日本は最下位(18.3%)>

とのことで、アメリカと比較すると実に半分となっています。

これはママにとって“不都合な真実”といえそうです……。

LINEで送る