今年も大注目♪「イオンのランドセル2018」お披露目会レポート

春といえば、新しい季節を迎え、新しい学年に進級する子も多いですよね。

幼稚園や保育園に通っていた小さなお子様が小学校に入学する時には、ママは誰よりも祝福してしまうもの。そして小学校に入学といえば、やはり「ランドセル」はマストアイテムです!

そこで今回は、イオンスタイル東戸塚で開催された「イオンのランドセル2018」お披露目会にIt Mama編集部が取材に行き、今年のトレンドや“最新高機能ランドセル”について聞いてきました。

半年前にオープンした、イオンスタイル東戸塚

背負うだけじゃない!? ライフスタイル別に使える「3way」が嬉しい

小さなお子様がまだ少し大きなランドセルを背負っている姿は可愛らしいですよね。

しかし、小学校に通う6年間に身長はぐんと伸びますので、1年生の時に買ったランドセルを使わなくなってしまう子もいます。

また、大きくなるにつれ、可愛らしいものや子どもらしいものより“大人っぽい”アイテムを使いたくなるお子様もいるそうです。

でも「せっかく選んだランドセルなら、卒業まで長く使って欲しい!」というのがママの本音……。

それなら背負うだけではなく、生活スタイルや成長に合わせた使い方のできる便利なイオンのランドセルを選びましょう。

『トップバリュ 3STYLEランドセル』なら、持つ・背負う・掛けるの3WAYで使いやすい!

持つ/掛ける/背負う の3WAY

“持つ”では、バスや電車通学の際にもコンパクトで持ちやすく、周りもあまり気にならないのが便利。

“掛ける”では、パパやママが放課後にランドセルを預かり、塾や習い事に見送る際にも持ちやすいショルダーバッグに! ショルダーバッグなので教材や筆箱が取り出しやすいのもメリットです。

“背負う”でも、今までのランドセルとは違います。シンプルでスタイリッシュなデザインで、大人っぽい雰囲気を演出してくれますよ。

 

軽いのにたくさん入る!かるすぽの秘密

イオンのランドセルといえば、『かるすぽ』。軽くてもA4サイズが楽々入るのが人気ですよね。

そんな『かるすぽ』に新登場したのが『トップバリュセレクト かるすぽ みらいポケット フラットキューブ』です。

“みらいポケット”と呼ばれる小マチは3cmから8cmまで伸縮するので、大マチと合わせて最大20.5cmの大容量ランドセルに大変身。

横から見てみてみると、こんなに広がるんです!

ブルー:普通の状態/パープル:小マチが広がった状態

教材に筆箱、水筒や体育着、折りたたみ傘も入っているのにこんなにコンパクト。

サブバッグを持たなくても、かるすぽだけで通学ができます♪

しかも、ママにとって重要な連絡帳やお便り、貴重品などをコンパクトに収納できるケース付きなので、大切なプリントなどをなくすトラブルも心配いりませんね。

 

高品質な「イオンのランドセル2018」はぜひ店頭で試着して♪

背負うお子様にあまり負荷がかからないよう、背中・胸・肩にランドセルの重量を分散させる仕上がりなので、とっても使いやすいのも「イオンのランドセル2018」の大きな特長。

重さを分散させるヒミツは盛り上がったパッドにあり!

イオンのランドセルはお子様へのカラダへの負担を軽減し、6年間快適な学校生活を過ごせるよう「こども基準性能」を備えているほか、全商品が日本製で、6年間保証がついているので安心です。

高機能で使いやすい上に、熟練の職人たちが丁寧に作り上げた高品質なランドセルがイオンには豊富なんです。

実際に試着した小学校入学前の園児たちもデザインの豊富さと軽さに大興奮! お友達やママと一緒に、お気に入りの1つを選んで大盛り上がりでした。

好きな色とデザインを選ぶのも楽しい♪

いかがでしたか?

今回紹介したイオンのランドセルは、本日3月16日(木)からイオンスタイル東戸塚で展開され、WEBでも販売開始しています!

また、4月14日(金)より順次、全国約230店舗で早期ご予約販売会を開催していきます。

ぜひイオンの店頭で手にとって見てくださいね!

ワクワク・ドキドキの小学校生活、素敵な新入学になりますように。

 

【参考】

2018年の最新モデルとは一体!? 「イオンのランドセル」の最新情報はコチラから

Sponsored by イオン

 

LINEで送る