デキる親の新常識?発想力育む「お手伝いの依頼方法」4つのコツ

source:http://www.shutterstock.com/

「子どもともっと関わりたいのに家事や仕事で時間がとられてしまう。」

「子どもの教育したいけど、テレビやスマホに任せてしまう。」

忙しいから仕方ないのですが、そんなときにぴったりの子どもへの教育方法があります。それは、“お手伝い”です。

子どもと一緒の時間を作れて、子どもの教育にもなり、一石二鳥の教育方法です。

なぜお手伝いが教育にいいのか、どのようにやればいのか?

今日はいくつかポイントをご紹介していきます。

mio

LINEで送る