【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#35 公園に行くといつまでも子どもが帰ってくれません

tekito-2.1-25-20160804063653

「1人でできる子になる『テキトー母さん流』子育てのコツ」の著者の立石美津子が、ママ達の育児の素朴な疑問に応えるQ&A連載、【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】をお伝えします。

第34回は『食が細いのですがどうしたらもっと食べるようになりますか?』の疑問にお応えしましたが、第35回のテーマはこちら。

テキトー母さんQ&A

夢中でやっていることを中断させられるのは辛い

もし、連ドラを見ているとき、バチッとテレビの電源を切られたらどうでしょう?

Lineをしているとき電源が落ちたらどうでしょう?

続きをやりたいと思いますよね。そして、イラッときてしまいますよね。

子どもにとって公園で夢中で遊んでいる真っ最中に「もう、遊ぶの止めなさい!」と言われるのは、これと全く同じなのです。

ママにとっては“わがままな困った行為”に映ることも、子どもから言わせると「僕が夢中になっていることを中断させる困ったママの行為だ」と思っているでしょう。

 

どうすれば子どもが言うことを聞いてくれる?

まだ、遊んでいたいのに親から「これこれこうしなさい」と命令されるのは不快なものです。

こんなときは選択肢を与えましょう。

・ブランコ10回こいだらおしまいにする? 20回こいだらおしまいにする?

・(公園にある時計が読める子だった場合)4時で帰る? それとも4時10分で帰る?

・あと100数える間遊んでいる? 50数える間、遊んでいる?

どれを選ばれても親が困らない選択肢を与えるのです。

もし、それでもぐずっていつまでも帰らなければ、「公園で長く遊んでいたから、家に帰ってテレビを見る時間が少なくなってしまった」「ゲームは今晩はできない」などその代償を負わせましょう。

何かを得たら何かを犠牲にする自己責任を体験させるのです。

遅くなったからといってすべての時間をずらし、就寝時刻も「今日は帰りが遅くなったから少し遅くまで起きていてもいいわよ」なんて決して言ってはなりません。

 

「ママは先に帰る」は絶対ダメ!

(C)あべゆみこ
(C)あべゆみこ

いつまでも帰りたがらないからといって、こんな風に脅していませんか?

「いつまでも遊んでいるんだったら、ママは先に帰っちゃうわよ。バイバイ!」

もし、子どもから「じゃあママは先に帰っていいよ。僕はここでまだ遊んでいるから」なんて言われたら、「いい加減にしなさい!」と腕をつかんで連れて帰りますよね。

どう転んでも叱られる状態です。これを二重拘束(=ダブルバインド)と言います。

楽しく遊んでいたのに、毎回、こんな風な終わりかたですと、それまでの楽しかった気持ちが台無しになってしまいます。

こう言いましょう。

「まだ、遊び足りないよね。もっと滑り台滑っていたいよね。(共感してあげる)……でも、もうすぐ夕飯の時間だから、あと2回滑ったらおしまいにする? あと5回滑ったら帰る?」

いつまでも帰りたがらないのは、それだけ外遊びに夢中になれるということで、決して悪いことではありません。

でも、夕飯を作ったり、お風呂に入れたり、親は帰宅後、やらなくてはならないことがテンコ盛りです。

だから、“時間には制限がある”ことをきちんと子どもに説明して、納得させて帰宅させるようにしましょう。

 

【参考・画像】

※ 〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』
テキトー漫画

※ 『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』
cover_subaru_ikuji2

※ Yuganov Konstantin / Shutterstock

【関連記事】

※ 【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#34 食が細いのですがどうしたらもっと食べるようになりますか?

※ 【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#33 「手洗ったの?」「宿題やったの?」と聞くと反発される

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

初めてのフォトブック作成で失敗したくないママにオススメの神アプリはコレ[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

(2016年8月26日の記事を再掲載しています)

LINEで送る