【愛され妻シリーズ #02】これぞ理想の妻!夫が惚れ直す上手な「男の立て方」4つ

shutterstock_61331110
source:http://www.shutterstock.com/

男性をさりげなく立てることができる女性は、男性からすると“理想の奥さん”や“理想の彼女”として見てもらえるようになりやすいです。芸能人ですと、水嶋ヒロさんの奥さまで、2015年6月に第1子が誕生した絢香さんや、7年間の交際を経て2007年に結婚した魔裟斗さんの奥さま、矢沢心さんなどが当てはまるのではないでしょうか?

拙著『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』の中でも、男性を上手に立てることができる女性こそ、男性がずっと一緒にいたいと思う女性であると述べています。

前回は『愛され妻のテクニック!夫が思わずドキッとしてしまう「妻のしぐさ」4つ』をお届けしましたが、今回は、夫が惚れ直す上手な“男の立て方”をご紹介します。

yamada03

自分を立ててくれる妻には「信頼が持てる」

男性はプライドが高い生き物ですし、常に女性よりも上に立っていたいという気持ちがあるものです。だからこそ、一歩下がって自分のことを立ててくれるような女性にとても弱いのです。

夫婦関係においても、ここぞというときにしっかりと夫を立てることができる妻には、夫も絶大な信頼を置くことができます。深い絆を感じられるような瞬間でもあるので、立てるべきときには立てることができる女性になることはとても大事でしょう。

 

夫が惚れ直す上手な「男の立て方」4つ

shutterstock_138838181
source:http://www.shutterstock.com/

では、妻にどのような立て方をされると、夫は惚れ直してしまうのでしょうか? 効果的な“夫の立て方”を以下にまとめてみました。

(1)「脱いだ靴」を揃えてあげる

お座敷の席のお店に行った際などに、夫が脱いだ靴をそっと揃えてあげる。この行為には、男性はかなりドキッとします。

女性らしさや気配りが感じられますし、どことなく服従感までもあるので、“尽くす妻”という印象になるはずですよ。

(2)「自慢話」はちゃんと聞く

男性は自慢話や武勇伝を語るのが大好きです。そういった話を適当に聞き流すのではなく、ちゃんとリアクションを取って聞いてあげる。

それだけで男性はかなり上機嫌になってくれますよ。「すごいね!」なんて褒め言葉も付け加えてあげると、自尊心はかなり満たされるでしょう。

(3)定期的に「頼る」

男性はやはり女性からは頼りにされたいもの。妻から頼りにされたら、夫としての威厳も保てますし、「守ってあげたい」という気持ちも芽生えてきます。

何でも自分でやってしまわず、適度に頼ってあげることも必要ですよ。

(4)「人前」では一歩下がる

男性はプライドが高いので、人前で自分が卑下されることが何よりも許せません。

友達の前や会社の人の前では、一歩下がって夫をさりげなく立てるようにしてあげると、「デキる妻だな」と思ってもらえるでしょう。人前でけなすような行動は厳禁ですよ。

 

夫を上手に立てて出世もさせちゃう?

何も、いつでも常に夫を立てて、三歩下がって尽くすような妻になる必要はありません。ただ、ここぞというときには、スッと立ててあげることができると、夫からの信頼も愛情も大きく増すことでしょう。

夫を上手に立てることができれば、自信ややる気も出てくるでしょうから、仕事へもいい結果をもたらす可能性も高いですよ。それこそまさに、“理想の妻”と言えるのではないでしょうか。

自分のことを上手に立ててくれる妻のことは、夫にとってはなくてはならない存在になるでしょうし、手放したくない存在になるでしょう。さりげなく立てることは、夫婦円満のためにも重要なポイントですよ。

 

【参考】

※ goodluz、Piotr Marcinski / Shutterstock

【著者略歴】

山田周平・・・作家/ライター。Webライター・コピーライターとして、WEBサイトの企画・ライティングや恋愛コラムの執筆などを行っている。著書に『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』(大和出版)

【関連記事】

【愛され妻シリーズ #01】愛され妻のテクニック!夫が思わずドキッとしてしまう「妻のしぐさ」4つ

産後に夫婦喧嘩が増えるのはナゼ? 「愛し、愛され夫婦」でいるための秘訣とは

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

初めてのフォトブック作成で失敗したくないママにオススメの神アプリはコレ[PR]

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは[PR]

(2016年8月18日の記事を再掲載しています)

LINEで送る