【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#33 「手洗ったの?」「宿題やったの?」と聞くと反発されるようになりました。

tekito33_pic
(C)あべゆみこ

「1人でできる子になる『テキトー母さん流』子育てのコツ」の著者の立石美津子が、ママ達の育児の素朴な疑問に応えるQ&A連載、【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】をお伝えします。

第32回は『子どもの悪いところばかり目についてしまうのですが』の疑問にお応えしましたが、第34回のテーマはこちら。

 tekito33

「お片付けしたの?」と注意されると子どもは不愉快

駅の公衆トイレに入ったとき「汚すな」とか「汚く使わないでください」と書かれていたらどう感じますか? まだ用を足してもいないうちから、なんだか疑われている感じがして不愉快ですよね。

でも「いつも、きれいに使って下さってありがとうございます」と書いてあったら、まだ何もしていないのに“いい人”という前提なので信用されているように感じて嬉しいですよね。そして「きれいに使おうかな」と思ったりします。

この人間の心理を利用して最近の駅のトイレで「汚く使うな」と書いてあるところは少なくなってきたように感じます。

これと同じで、帰ってくるなり「手、洗ったの?」「お片付けしたの?」と注意されると、子どもは「これから手を洗おうと思っていたのに!」「これから片付けするつもりだったの!」と反発し、ママのことを「うざい」と思ううようになります。

普段の子どもの行動から「きっと言わないとやらないだろう」とか「洗っていないだろう」と思っても、そのまんま口に出すのは止めましょう。

 

「え、うそでしょ!」と返事してはいけない理由

tekito-2.2-7
(C)あべゆみこ

それから「うそ?」「ほんと?」「マジですか?」の言葉がとっさに出てしまう人。これも、子どもの前ではあまりよくない口癖ですね。

例えば、偏食の激しい子ども。ある日「ママ、今日は給食を全部食べて先生にほめられたよ」と報告してきました。でも、とっさに「え! 本当?」と条件反射していませんか? テストでいつも平均点以下しかとれない子ども。「100点とった」と報告してきたときも素直に「素晴らしい!」とは言わずに「え、うそでしょ!」なんて返していませんか?

親は決して疑っているわけではなく「まあ、本当に食べることができたの、嬉しいわ」「満点なんて頑張ったのね」の気持ちから発した感嘆の言葉でしょうけれども、子どもは「ママから信用されていないな」と感じてしまいます。

更に親の口癖を子どもも真似をして「うそ、ほんと、マジ」を連発するようになってしまいます。

とは言うものの、おもちゃを散らかしている状態を見て、まさか「いつも片づけてくれてありがとう」と心にもないことは言えませんよね。そんなときは、おもちゃ箱に次のように書いて貼っておくのはどうでしょうか。

「いつも元の位置に戻してくれてありがとう。 おもちゃ達より」

もしかしたら、親に言われるよりも“おもちゃ達からのメッセージ”の方が進んで片づけるかもしれませんよ。

 

【参考・画像】

※ 〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』
テキトー漫画

※ 『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』
cover_subaru_ikuji2

※ Daniel Jedzura / Shutterstock

【関連記事】

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#31 プラス思考で、いつも笑顔でいられないのですが

※ 【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#30 つい感情をぶつけてしまいがちです。

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

初めてのフォトブック作成で失敗したくないママにオススメの神アプリはコレ[PR]

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは[PR]

(2016年8月24日の記事を再掲載しています)

LINEで送る