「コイツだけは裏切れない!」と夫に思わせる、愛され妻フレーズ3つ

「コイツだけは裏切れない!」と夫に思わせる、愛され妻フレーズ3つ
source:http://www.shutterstock.com/

夫婦関係が長くなると、付き合っていたころのようなトキメキやワクワク感は、どうしても減少してきてしまうもの。

「旦那のことは“恋人”というよりも、もはや“お父さん”や“お兄ちゃん”、もしくは“弟”や“子ども”」という感覚のママも多いのではないでしょうか? 家族としての絆が強まった証拠、とも言えるかもしれませんが、扱いもずいぶん“雑”になってきていませんか?

油断していると、浮気などされる可能性もあるかも!?

いつまでも“夫に愛される妻”でいたいなら、やはりそれなりの努力は必要です。見た目に気を配ることはもちろん、一番大切なのは、やはり普段のコミュニケーションです。

今日は、コミュニケーションライターの黄本恵子が、“いつまでも愛される妻になるフレーズ3つ”についてお伝えしていきます。

 

■愛され妻フレーズ1:「へえ~、そうなんだあ!それでどうなったの?」「うんうん、それで?」

愛される女性は“聞き上手”です。

人は誰もが、本当は自分の話をしたがっています。自分の話を真剣に聞いてくれる、自分のことを受け入れてくれる存在をいつも求めています。

だから、話し上手の女性より、聞き上手の女性のほうが圧倒的にモテるのです。いつまでも夫に愛される妻でいるためには、“聞き上手”でいることが大切です。

旦那さんが、仕事で大変だった話や、今日あった出来事などをしてきた場合は、雑に扱わずじっくり聞いてあげましょう。

アドバイスなどは禁物。それよりは、「へえ~、そうなんだあ!それでどうなったの?」「うんうん、それで?」など、話しやすいように促してあげるのです。

愛する妻に自分の話を思う存分できたら、一日の仕事の疲れも吹っ飛び、「明日からまた家族のためにがんばろう!」と思えるはずです。

 

■愛され妻フレーズ2:「すご~い!」「さすが!」

愛される女性は、“ほめ上手”でもあります。

男性というのは、他者からの承認欲求が強く、ほめ言葉にとても弱い生き物です。「すご~い!」「さすが!」という言葉だけでも、言われたら嬉しいものなのです。

「こんなこと、ほめるほどのことでもないわよ!」と思うことでも、旦那さんが家族のためになにかやってくれたとき、得意顔でなにか言ってきたときは、きちんとほめてあげましょう。

そうすることで男性の 承認欲求は満たされ、「妻のために、もっとがんばろう!」と思うようになります。

 

■愛され妻フレーズ3:「ありがとう」「ごめんなさい」

いつまでも愛される女性というのは、とても素直です。

なにかをしてもらったときは笑顔で「ありがとう」、自分が悪いときは「ごめんなさい」と素直に言うことができます。

とくに、「ごめんなさい」を身近な人に素直に言える人というのは、なかなかいません。人は、年を重ねるごとに“自分が正しい”と自分の考えに固執しがちになり、素直さが欠けていくからです。

だからこそ、素直に「ごめんなさい」と言える人は、人を惹きつけます。「こいつ(妻)のことは、裏切れない」そう思わせることもできるのです。

以上、いかがでしたか?

どれもシンプルで、すぐ使えるものばかりですよね。でも、実際自分ができているか?普段からやれているか?というと、どうでしょうか。

「なかなかできていなかった……」という方は、ぜひ今日から実践してみてくださいね。効果は絶大ですよ。

人間関係は鏡です。「最近、旦那の私に対する扱いがなんだか雑……」「夫婦の間がマンネリ化してきた……」と思うなら、まずは自分のコミュニケーションを変えることから始めてみましょう。

 

【著者略歴】

黄本恵子・・・2010年、ライターとして独立。自己啓発・コミュニケーションスキル系の本や、医療・医学系の本の編集協力・代行執筆を数多く手がける。現在、1児の母。日々ヤンチャぶりが増す息子に振り回されながら、執筆業に励んでいる。

【関連記事】

約3割が不一致を感じてる!? 夫婦で最も「価値観の一致」が重要なコトとは……?

えッ…「ベッド布団は別」派のほうがラブラブ?30代夫婦の寝室リアル事情

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

初めてのフォトブック作成で失敗したくないママにオススメの神アプリはコレ[PR]

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは[PR]

(2015年2月12日の記事を再掲載しています)

LINEで送る