産後に夫婦喧嘩が増えるのはナゼ? 「愛し、愛され夫婦」でいるための秘訣とは

source:http://www.shutterstock.com/

愛する夫との新しい命を授かって10ヶ月……「初めまして、やっと会えたね~!」と、喜びいっぱいに包まれ”子育て”はスタートします。その後は泣くことでしか自分の意思を伝えられない赤ちゃんに、慣れないママは全神経を集中させますよね。

そんな妻の大変さを知ってか知らずか?お構いなしに子どものように甘えてくる夫……そんな夫に、つい、冷たい態度をとっていませんか?

そこで今日は、今までに6,000件以上男女問題の相談に関わってきた夫婦問題カウンセラーである筆者が、産後をきっかけに”夫婦の気持ちが離れないようにするための秘訣”をお話します。

 

産後に夫婦喧嘩が増えるのは「母性本能」のせい?

女性は、産後に女性ホルモンのバランスが変化することによって、気が荒くなったり、子どもを守ろうとする本能が強く表れることで、人に対して強く当たってしまう傾向があります。

そのため、普段気にしていなかった夫の何気ない一言や、どうでもいい行動に対してイライラしてしまうことが増えるのです。

これは、“母親の本能”として、ある程度仕方のないことなのですが、「私は母親になったのだから」「ホルモンバランスのせい」と開き直ってしまうと、夫婦関係に亀裂が入り、長く苦しむことになってしまいます。

 

「愛し、愛され夫婦」でいるためのコツ

結婚後3年、5年経って、何らかの夫婦問題が起こる人達は、“産後をきっかけ”に会話やスキンシップが減ってしまったという人達がほとんどです。夫婦として完全に機能しなくなってから改善や修復をすることは想像以上に大変です。

そうならないように産後のママが持つべき大切な意識があります。それは、“産後の自分はイライラしがちだから、夫への対応はキツくならないように気を付けよう”という意識です。このちょっとした意識が数年後の自分たちの夫婦関係を左右するのです。

 

「なんだか気持ちが離れたのかな?」と感じた時のチェックポイント5つ

(1)夫に“労いの言葉”を掛けている?

(2)家事、育児の分担を“上手に”お願い出来ている?

(3)大変な時は無理をせず、第三者に助けを求めている?

(4)夫に対して”我慢”を溜め込んでいない?

(5)夫と向き合って“対話”している?

夫に対して、「気持ちが離れてしまったかも……」と感じている人は、もう一度“自分を見つめ直して”みましょう。気持ちが離れてしまった原因を、「夫が○○だから」と全て夫のせいにしていませんか?

毎日の育児や家事で、自分だけが大変な思いをしていると思う前に、「自分は上手にサポートをお願い出来ていただろうか?」、毎日仕事を遅くまで頑張っている夫に「労いの言葉を掛けてあげていただろうか?」ということを考えてみてくださいね。

自分を見つめ直すことで、単に“気持ちが離れた”ということではないということが見えてきませんか? 本当は、夫に優しくしたいし、優しくしてもらいたいのではないですか?

もし、あなたが夫との間に距離を感じているのなら、事務的な会話ではなくて、お互いの気持ちを理解しようとする“対話”を心がけてくださいね。

 

いかがでしたか?

育児も家事も何もかも完璧にやろうとする頑張り屋のママさんほど、夫との関係がギクシャクしやすい傾向にあります。「ま、いっか」という精神を持つことで、気持ちが楽になり、夫にも大らかな気持ちになれますよ。

 

【関連記事】

やっぱり…!「NGプロポーズ」は夫婦関係にも影響すると判明

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#28 男の子と女の子と性別で育て方を変えた方がいいのでしょうか?

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

初めてのフォトブック作成で失敗したくないママにオススメの神アプリはコレ[PR]

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは[PR]

(2015年6月30日の記事を再掲載しています)

LINEで送る