「寝起きが悪い朝グズる子」を上手にコントロールして朝起こすコツ3つ

17813725
source:http://www.shutterstock.com/

朝晩の気温がぐっと下がってくると、温かいお布団にくるまった子ども達がなかなか起きてこなくて困る、といったママの悩みをよく聞きます。3月に入り、春は近づいているものの、気温の上下も激しく寒い日はかなりの厳しさです。

特に、子どもを保育園や幼稚園へ預けて働いているワーママは、通園や通勤の決められた時間があり、毎朝ぐずる子どもに苦戦しているのではないでしょうか。

そこで今回は、四児の母である筆者が、そんなママへ試していただきたい寝起きの悪い子をうまく起こすコツをご紹介します。

 

寝起きの悪い子をうまく起こすコツ3つ

(1)まずは生活リズムを整える

寝起きが悪くなるのは、前日の夜に食べ過ぎたり飲み過ぎたりした場合が多いです。普段から夕ご飯の時間や量などは大体同じくらいにしてリズムを作ることで、子ども達の朝起きる時間も一定になります。

もちろん、特別な日は時間が遅くなってしまったり、ご馳走やジュースを飲む事もあるでしょう。そういった予定がある日は、できるだけ子どもの生活リズムを崩さないよう、次の日がお休みの日に設定することをおすすめします。

 

(2) 起きられない気持ちに共感する

遠くから「早く起きなさい!」と怒鳴りつけるのは逆効果。子どもはますます暖かい布団の奥深くに入り込んでしまいます。

「今日も寒いね。おふとん、気持ちいいよね。ママもなかなか起きられなかったよ」と、起きられなくてぐずぐずしている子どもの気持ちに、まずは寄り添ってください。このとき、子どもの足を温めるように少し強くこすってあげると、身体が目覚めてくるのでおすすめです。

その後、「ママ、今日は急いでるから、起きて服を着てくれたら助かるなぁ、できるかな?」とお願いしてみてください。すぐには聞いてくれなくても、共感してもらった後なら、必ず耳を傾けてくれるはずです。

 

(3) 起きてやることを伝える

まずは服を出して「今日はどっちにする?」、それから「ごはんは大好きな納豆ご飯だよ」その後で「今日、保育園で工作するって言ってたんじゃない?」などと、起きてから子どもが進むはずの道のりを具体的に、小石をひとつひとつ置くように聞かせてあげてください。

そうすると子どもは具体的に“起き上がって行動を始める自分”を想像することが出来るので、起きて次のステップへ移りやすい心境になります。

 

いかがでしたか?

朝に子どもの行動が遅い事で焦り苛立つ気持ちはとてもよく分かります。でも怒って大声を出す前に、今日ご紹介した方法をぜひ試してみてください。

これから本格的な冬になるにつれ、朝夕の冷え込みが激しくなり起きられない子が増えてきます。ママが少しだけ早起きして部屋を暖房で暖めるなど、子どもが起きやすい環境を作ってあげることも大切です。

そして、起き上がって用意している子どもに「ママ、すっごく助かっちゃった!○○くん、偉いなぁ」と褒めてあげてください。ママに褒められた朝は、子どもにとってその後の1日が違ってくるはずですよ!

 

 

【画像】

※ Monkey Business Images / Shutterstock

【著者略歴】

※ mica・・・現代美術ギャラリー勤務時に夫と出会い半年で結婚、渡米。アメリカで年子姉妹を産み帰国。その後日本で3女と長男を自宅出産。現在は夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住。 長女の不登校や苦しい罪悪感だらけの子育てを経て、今では自然体でこどもと接することが出来るようになった自身の経験を活かし、子育てアドバイザーの資格を取得。暮らしニスタでもコラムを執筆中。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!

【関連記事】

理想は14時間!3歳までに身につけるべき「睡眠習慣」3つ

赤ちゃんの睡眠不足は誰のせい?最新データから分かった原因とは #10

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

0歳からでも早くない!「親子の絆」を深める習い事とは?[PR]

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは[PR]

(2015年10月25日の記事を再掲載しています)

LINEで送る