93%の妻が「プチ家出」予備軍に!妻を決断させてしまう夫のNG行動5つ

140612488
source:http://www.shutterstock.com/

365日休みナシの主婦業。「たまには1人で自由に過ごしたい」と思っている主婦が、93%にも及ぶことが判明しました。日頃から、このような思いで過ごしている妻が多いということは、“きっかけ”さえあれば別居や家出に繋がってしまう恐れもありうるということです。

そこで今回は、6,000件以上の夫婦問題を解決に導いてきた、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光が、“妻のプチ家出を誘発してしまう夫のNG行動”についてお話します。

 

93%の妻が「プチ家出」予備軍!

2013年に『株式会社サンケイリビング新聞社』が、485人の主婦に対して“主婦の自由時間”についてのアンケートを実施しました。その結果、93%の主婦が「1人で自由に過ごせる時間があればいいと思う?」との質問に、「はい」と答えています。

「どんな時に1人になりたいと思う?」との質問に対しての回答は、“育児や夫に対するストレスやケンカ”が原因である人が目立ちます。主婦業は、“仕事”として認識されにくく、夫や家族から得られる理解が乏しいため、妻は1人でストレスを抱え込みやすいのです。

そんな、”いっぱい、いっぱい”の精神状態の時に、子供が反抗してきたり、夫から心無い言葉を投げかけられたりすると、張り詰めていた心の糸がプチンと切れてしまう瞬間があるのです。

心の糸が切れてしまった妻は、しばらく実家に帰ってしまう、突発的にプチ家出をしてしまう、大声で夫に不満をブチまける、家事を放棄するなど様々な形で不満をアピールします。

 

プチ家出をする「妻の心理」とは?

夫とケンカをするのは簡単です。しかし、ケンカをすると今以上にストレスを倍増させることになると考える妻は、静かに夫の前から“姿を消す”ことを選ぶのです。プチ家出をする妻の心理は以下のようなものです。

(1)主婦業の大変さを夫に理解してもらいたい

(2)自分の存在価値を夫に分かってもらいたい

(3)たまには1人になって“自分だけの時間”を楽しみたい

プチ家出をしてしまう妻や、予備軍の妻たちの心の裏には、“毎日の大変さを、もっと分かって欲しい、認めて欲しい”という心理が隠されていることを、夫たちは認識しておく必要があります。

 

妻のプチ家出が間近!? 夫のNG行動5つ

(1)家事・育児に対して積極的に協力していない

(2)妻に対して、肉体的・精神的サポートをしていない

(3)妻が1人で自由になれる時間を充分につくってあげていない

(4)自分のことでも妻に頼ってしまうことがある

(5)“自分は仕事で疲れている”という意識やアピールが強い

“家事や育児は妻の仕事”という認識が、まだまだ根強い日本でありながら、結婚しても仕事を続けたい妻や、それを望む夫が増えています。すると、結婚したら“女性の負担が増えるだけ”と考え、結婚をしない選択をする女性も出てきて当然です。

“家事や育児は妻の仕事”という考えは、もう古いのです。日本の男性は、もっと頭を柔軟にすることで得られる幸せがあるということに気付くことが大切です。

いかがでしたか?

“イクメン”なる言葉が生まれ、一昔前に比べれば育児や家事のサポートの重要性を理解してくれる夫が増えてきています。しかし、サポートどころか、妻の話を聴いてくれない、相談事にも耳を貸さない夫がまだまだ存在することも事実なのです。

夫のチョットした“心遣い”や“感謝の言葉”で、どれだけの妻が救われることでしょう。帰宅したら、子供と共に姿がなかった……なんてこともありえることを、夫にアラートとして忠告してみるのも効果があるかもしれません。

 

【参考・画像】

※ 主婦の“プチ家出”願望!? たまには“自由に一人になりたい”人が93%! – サンケイリビング新聞社

※ racorn / PIXTA

【著者略歴】

高草木陽光(たかくさぎはるみ)・・・専門家ライター。夫婦問題カウンセラーで今までのカウンセリング・相談は累計6,000件以上。浮気、別居、離婚、嫁姑問題など、多くの夫婦問題を解決に導く専門家。夫婦間の修復にも強く、夫婦問題予防策のアドバイスも行う。HaRuカウンセリングオフィスHP

【関連記事】

えッ…「ベッド布団は別」派のほうがラブラブ?30代夫婦の寝室リアル事情

3年も経たないうち「敵対する夫婦」になっていく夫婦の特徴は?

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

0歳からでも早くない!「親子の絆」を深める習い事とは?[PR]

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは[PR]

(2016年1月28日の記事を再掲載しています)

LINEで送る