4児のワーキングママが実践!少しの工夫でママの自由時間がUPする「簡単片付け術」

source:http://www.shutterstock.com/

朝ごはんから始まり、お皿洗いに洗濯、掃除。合間に子どもの相手をしつつ、買い物がてら公園へ。毎日の食事メニューを考え、後片付けはエンドレス。

さらに子どもたちのトイレやお風呂、寝かしつけと、ママは常に大忙し。

筆者も四人目の子どもが産まれた後は、今までなんとなくこなしていた一通りの家事が終わらず、気づいたら一日の終わりを迎える……という毎日にある時気付き、愕然としました。

そこで自由時間欲しさに、「部屋がすぐに片付く仕組みを作って、自由時間を増やす!」と一大決心。少しだけ工夫することで片付けにかける時間をぐんと減らすことに成功しました!

今回は、子育てアドバイザーであり四児の母である筆者が、“簡単・お片づけのコツ”をご紹介します。

 

片付けの「コツ」はコレだけ!実践4つ

(1) まずは全てのものの“ホーム”を見直す

片付いてない状態=物がしまわれていない状態です。物の定位置=ホームが決まっていないものはありませんか?

全てのものの物の定位置=ホームを決めることがスタートです。

 

(2) 使い終わったらすぐに「ワンアクション」でしまう!

出したらしまう、というごく当たり前に思えることが意外と出来ていないから、家の中が雑然として見えるのです。

「ちょっと置いておく・後でしまう・時間のあるときに」などの全ての言い訳をやめて、その場でしまいましょう。そのためには、簡単に“ワンアクション”でしまえる場所がホームであることが重要です。

 

(3) 片付かないときは、再度ホームを見直してみる

せっかく決めたホームなのに、そこには収納されないで、表に出しっぱなしの物たちはありませんか? そんなときは“片付けられない自分”が悪いのではなく、“ホームの場所”が間違っています。

例えば、すぐに使う調味料類を戸棚を開けてからその奥にしまうのは苦になりませんか? 苦にならずいつも出来るならそこでOK。でもそれが出来ないときは場所が間違っています。

それよりはキッチンカウンターの一隅にトレイなどの場所を作り、いつもそこに置いておくようにしてはどうでしょう。そこかしこにあるよりも、定位置にいつもあると片付いて見えるものです。

 

(4)家族みんなが ホームの場所を覚えたら片付け完了!

家族みんなが使うものほど、ホームの場所は重要になってきます。ハンカチ、ちりがみ、郵便物……ママがいつも置いてある場所が自然にお片づけできる場所であれば、家族みんながちゃんと定位置にしまうようになります。

もし、家族でホームが守られないときは、やはり場所を見直すことが必要です。

 

いかがでしたか?

筆者が一番片付いていてほしいところは台所です。水切り籠に置きっぱなしの皿や鍋、フライパン、調理中に使い終わったそばから洗って拭いてしまうというクセをつけたところ、とても調理がしやすく、きれいな状態を保てるようになりました。

子どもたちの服やおもちゃ、勉強机など、いつも雑然としているところは一度腰をすえて“ホーム”の見直しをしてみるのをオススメします。ママの自由時間がぐんと増えますよ!

 

【画像】

※ Martin Novak / Shutterstock

【著者略歴】

mica・・・現代美術ギャラリー勤務時に夫と出会い半年で結婚、渡米。アメリカで年子姉妹を産み帰国。その後日本で3女と長男を自宅出産。現在は夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住。 長女の不登校や苦しい罪悪感だらけの子育てを経て、今では自然体でこどもと接することが出来るようになった自身の経験を活かし、子育てアドバイザーの資格を取得。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!

【関連記事】

ウザい、うるせえ…数年後「言葉遣いの悪い」子どもになってしまう理由2パターン

話し始めたらスグ始めて!子どもに「礼儀正しい言葉遣い」を教えるちょっとしたコツとは?

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

0歳からでも早くない!「親子の絆」を深める習い事とは?[PR]

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは[PR]

morinaga-20170104132157

(2015年5月26日の記事を再掲載しています)

LINEで送る