のどかな公園も「場所見知り」でギャン泣き! #37

2度目の訪問で“場所見知り”を克服

無念の強制終了から一週間後、愛娘を連れて再び児童館へ。

おお! 今度はちゃんと自然とふれあえてる!

2度目の訪問で場所見知りも解消されてきたのか、チクチクする芝生に触れ、ゴツゴツした木の表面に触れ、愛娘はおずおずと、でも自分の意志で、“未知との遭遇”を開始しました。

他にも、芝生でハイハイ、砂場を裸足で歩くなど、家の中では決してできない“初めて”をたくさん体験した愛娘。場所見知りの不安と恐怖を、見事に克服してくれました。

あ、花壇の花を“ブッチン”したことは、お父さん、児童館の人に謝っておいたからね!

 

それでは、「自然とふれあおう」動画本編をどうぞ!

 

「自然とふれあおう」で、イクメン野郎が感じたコト

(1)愛娘は花や葉っぱをブッチンブッチンむしろうとします。そのことを児童館の方に謝りに行ったところ、「(児童館の)草花は子供のためにあるので、多少の乱暴もかまいません」と言ってくださいました。親として、とてもありがたいお言葉でした(泣)。

(2)公園や園庭のような管理された場所であっても、擦り傷、切り傷の危険性は格段に上がります。持っていく荷物は怪我の対処も想定に入れておきましょう。

(3)一般的に、場所見知りは何度も訪れることで解消されるそうですが、何度行ってもお子さんが泣いてしまうときは、場所を変えてみたほうがいいかもしれませんね。

 

【参考・動画】

自然とふれあおう 1回目 ~ 7カ月の赤ちゃんの育児 【イクメンやってます #67】/公園・芝生

イクメンやってます – YouTube

【関連記事】

※ 「手ぶらパパは許せない!」イクメンぶる夫に嫁の不満爆発 #36

※ 大人の3倍汚れやすい!「赤ちゃんの耳&鼻そうじ」のコツ #33

※ 思わぬ死角は「夜」にあった!深夜2時に嫁が目撃したものとは #28

★毎週更新★It Mama読者限定嬉しいプレゼントキャンペーン情報まとめ

※ あなたは何が不足しがち?女性必見の「栄養診断テスト」はコチラ[PR]

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは[PR]

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ ドラえもんと学ぶ「楽習」が子どもの将来性を高めるワケ

※ 0歳から四字熟語!? 今話題のあの教室に体験入学してきました♪

※ 【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

ママと赤ちゃんの絆を深める?初めての習い事に迷ったらコレ!

morinaga-20170104132157

【著者略歴】

イクメン野郎・・・いちおうYouTuber。限界集落在住。日本ではまだ少ない専業イクメンとして0歳の愛娘を育てながら、等身大の育児風景をYouTubeチャンネル『イクメンやってます』にて日々配信中。

LINE@はじめました
It Mamaでは日々最新のママトレンドニュースをお届けするため、LINE@をはじめました。ママが知っておくべき子育てや出産、妊活などのお役立ち情報や、LINE@限定プレゼントキャンペーン情報を日々配信してまいります! 友だち追加は以下よりどうぞ!

友だち追加

It Mama 連載

LINEで送る