【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#18 子ども扱いしない対応ってどうすればよいですか?

tateishi18_top
(C)あべゆみこ

「1人でできる子になる『テキトー母さん流』子育てのコツ」の著者の立石美津子が、ママ達の育児の素朴な疑問に応えるQ&A連載、【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】をお伝えします。

第17回は『「子どものためによかれと思ってつい過保護になってしまいます』の疑問にお応えしましたが、第18回のテーマはこちら。

tateishi18 

いないいないばあ

0歳~1歳の子どもに「いない、いない、ばあ」とするとすごく喜びます。同じことを繰り返しても飽きもせず笑います。もう1回やってほしそうな顔をしています。笑う準備をしてスタンバイしているようにも見えます。

けれども、3歳を越した子どもにこれをすると、そんなに喜びません。相手の年齢に合っていないのでつまらないのです。

それでも、この頃になると相手の気持ちを読みとる取る能力も発達してきますので、「喜んであげないと相手は気分が悪くなるかな」とまで感じ、子どもながらに気遣いが出来る子もいます。そして無理矢理、笑みを浮かべたりします。

 

3歳児に「絵本が痛い痛いって悲しんでいるよ」は通じない

shutterstock_26792218
source:http://www.shutterstock.com/

子どもが絵本を踏んだとき「絵本さんが悲しんでいるよ」とか「痛い、痛いって泣いているよ」とつい言いそうになりますが、これが通じるのは2歳くらいまでです。

3歳を越すとぬいぐるみも生き物とは違うことをわかっています。だから、子どもがやってはいけないことをしたとき赤ちゃん扱いした叱り方をしても届きません。心の中で「いつまでも僕を幼い子ども扱いして」と思っているかもしれません。

実際、筆者も幼児教室で先生をやっていたころ「熊さんが痛い痛いって泣いているよ」と試してみましたが「ぬいぐるみは生きていないから悲しまない」とか「神経が通っていないから痛いわけがない」と4歳児に言われました。

子どもは大人が思っている以上に成長しているのです。いつまでもママの腕の中で抱かれていた小さな赤ちゃんではないのです。

 

年相応の対応をしましょう

年相応の対応として次のように言いましょう。

「絵本は踏むものじゃないよね。読むものだから足を乗せるのは止めよう」

「ぬいぐるみはボールではないから投げないでね」

それをやってはならない理由をきちんと話すのです。すると、絵本は踏んだり投げるべきものでないことを学習できます。

こうして、年相応の扱いされたことで善悪を学んでいくのです。更に一人前扱いされたことが嬉しくてしっかりしてきたりします。

ファミレスで大騒ぎしたときも「メッ!」と怒ったり「シー、シー」と親の口元に人差し指を差して静かにさせるのではなく「ここは公園でもおうちでもないの。いろんなお客さんが食事をしにきているのだから、小さな声でお話しなさい。そうでなければ外食する資格はないよ」と理由をしっかりと伝えるようにしましょう。

これも子ども扱いしない注意のしかたですよね。更に理由を理解すれば同じことを何度も注意しなくても、ちゃんとTPOに合わせた行動をとることができるようにもなります。

子どもの年齢に応じて注意の仕方もだんだんと高度にしていきましょうね。

 

 

【参考・画像】

※ 〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』(Amazon)

※ 〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』(楽天)

テキトー漫画

※ sergei telegin / Shuterstock

【著者略歴】

※ 立石美津子・・・著者・講演家・元幼児教室経営者。自閉症児の子育て中。著書に『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』

※ 『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』(Amazon)

※ 『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』(楽天)

cover_subaru_ikuji2

【関連記事】

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#04 ゲームは禁止した方がイイの?

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#03 いじめはどうやって見抜けばいいんでしょう?

★毎週更新★It Mama読者限定嬉しいプレゼントキャンペーン情報まとめ

※ あなたは何が不足しがち?女性必見の「栄養診断テスト」はコチラ[PR]

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは[PR]

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ ドラえもんと学ぶ「楽習」が子どもの将来性を高めるワケ

※ 0歳から四字熟語!? 今話題のあの教室に体験入学してきました♪

※ 【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

ママと赤ちゃんの絆を深める?初めての習い事に迷ったらコレ!

morinaga-20170104132157

LINE@はじめました
It Mamaでは日々最新のママトレンドニュースをお届けするため、LINE@をはじめました。ママが知っておくべき子育てや出産、妊活などのお役立ち情報や、LINE@限定プレゼントキャンペーン情報を日々配信してまいります! 友だち追加は以下よりどうぞ!

友だち追加

It Mama 連載

(2016年8月6日の記事を再掲載しています)

LINEで送る