【海外出産奮闘記#3】ボロボロの「乳首と肩こり」に疲労困憊…。~気遣い母のお産扱いとドタバタ第一子出産編~

source:http://www.shutterstock.com/

大学卒業後、まともに就職活動もせず、ふと見つけた広告に応募し採用され、現代美術ギャラリーで楽しく働く私に向かって、ある日母はこう言放ちました。

「あんたはきっと“いきおくれ”て、30過ぎで猫と一緒に1人暮らしするんでしょうね」と……。

しかし、人生には時に天変地異の如き出来事が降り掛かります。25歳で出会った彼と、次の日からおつきあいをスタート。半年後に妊娠、入籍する事に!

おめでたを経て怒涛の渡米から、夫とギクシャクのマタニティライフをお届けした前回

「誰かのお母さん」になりつつある不安に駆られるも、夫婦手を取り合い歩みだしたのでした。

今回は「ドタバタ第一子出産編」をお届けします。

新婚生活はたった1ヶ月で終了…母と夫との「3人暮らし」がスタート!

娘の初産のサポートを、と父に了承を取り、母が張り切って単身アメリカへやってきたのは、私たちの渡米1ヶ月後のことでした。

つまり、私たちが2人きりの新婚生活を送ったのは、わずか1ヶ月というわけです。

私たちが住む事になったのは、大学院の学生寮でした。家族世帯用の寮なので、いわゆる2DKや3DKなどの間取りもあります。ですが私たちは子どものいない夫婦世帯ですので、割り当てられたのは“スタジオ”という、広い1ルーム。

この仕切りすら無い部屋で、これからしばらくの間、母と夫との3人暮らしがスタートしました。

しかしながら、束の間の新婚生活を、内心こっそり名残惜しんでいた私は、まだこの時“のんき過ぎる自分”を自覚していなかったのです。

 

なかなか来ない陣痛、「母と私の間の隔たり」

初産にはよくあることですが、多分に漏れず私も、予定日を過ぎてもしばらく弱い陣痛が続きました。

当たり前ですが初めての妊娠です。本格的な陣痛がなかなか来ない事は、それまで健康な妊婦だった私には、取り立てて大きな問題とは思いませんでした。

のんびりと「いつか陣痛は来るだろう、赤ちゃんはちゃんと出てくるだろう」と構えていました。ところが母は、日本にいる父にメールで相談したり、「早く赤ちゃんに会いたい、何の為にここにいるのか分からない」と呟いたり。

一緒に暮らしていても、かつては“ひとつ”の存在だった娘の私と母の間には、いつの間にか深い谷がそびえていました。

それはハッキリとは認識していませんでしたが、一抹の寂しさとして私の胸を鈍く刺しました。

「どうして赤ちゃんは出てこないの?」そんな風に私は自分を責めました。もちろん、母にそんな意図はさらさら無い事は分かっています。

“娘からの卒業”、そんな言葉が胸をよぎりました。

 

2週間を過ぎた予定日…、ようやく赤ちゃん誕生!

結局予定日から2週間を過ぎてしまったので、陣痛促進剤で人工的に陣痛を起こす事になりました。

陣痛促進剤による陣痛は本当に激痛です。普通の陣痛が1、2、3と段々と痛みが増すのに比べて、陣痛促進剤は1からいきなり10に飛ぶようなものです。

しかし、赤ちゃんは元気に生まれてきてくれました。眩しそうに目をつぶる赤ちゃんを見て、ナースが照明を落としてくれました。

パチリと目を開けてキョロキョロと辺りを見回す赤ちゃんを胸に抱き、私は長い長い妊婦生活を終えた安心感で、心からほっとしたのをよく憶えています。

時は10月の終わり、ボストンの樹々は美しく黄金に染まる季節でした。

IMG_3758
Photo by Author
出典: It Mama(イットママ)

アパートの窓から臨む美しい紅葉。

 

「新生児黄疸」で入院!

「アジア人にはよくあることだけど」という前置きで新生児黄疸の診断を受け、赤ちゃんはNICUにしばらくいることになりました。「そうなんだ」とあっさり承諾したと思っていても、身体は正直です。突然びっくりするほど大量の悪露が出たり、涙が溢れたりと、精神的に不安定になりました。

アメリカは医療費が高いためか、少しよくなるとすぐに家に帰されます。赤ちゃんは紫外線を身体に当てる機械とともに、私たちのアパートへ帰ってきました。

しばらくは授乳、オムツ替え、そして毎回ベッドへ寝かすたびに紫外線の機械を身体に当てる生活が続きました。

 

「初めての母乳」に四苦八苦…、疲れた私を癒やしてくれたのは母だった

source:http://www.shutterstock.com/

母乳はパンパンにふくれるほど生産されていたものの、あげるほうも飲むほうも初心者です。乳首は傷つき、流血し、赤ちゃんがくわえようとして“あーん”と開ける口が、グルグル回りながら待ち構える歯車のように思えました。タイミングを外すと、メチャクチャに傷つきます。

乳首を怪我した事がありますか? 想像以上に痛いものなんですよ。

授乳ひとつに疲労困憊し、私の身体はボロボロでした。夜中の授乳後も泣き止まない赤ちゃんを、時々母が変わって抱っこしてくれました。母はいつも赤ちゃんを見る時、くしゃくしゃの笑顔になります。

赤ちゃんが泣き止まなくても、なかなか寝なくても、笑ってあやしてくれる母の姿に、私の心は慰められました。

ある日、気付くと授乳疲れで私の肩はガチガチでした。母はそれに気付き、肩を揉んでくれました。子どもの頃から何度も揉んであげた母が、娘の私の肩を揉んでいる。それは一生忘れられない母の優しさです。

 

そしてついに始まる「赤ちゃんとの暮らし」

産後1ヶ月が過ぎる頃、父が母を迎えにきました。父に会った母が嬉しそうなのが嬉しかった反面、生活の半分を母に頼っていた私は、これから始まる本当の赤ちゃんとの暮らしを、やっていけるのか全く自信がなく不安が募りました。

しかし、やっていくしかありません。紅葉が散り、ボストンの樹々が丸裸になる前に、母は笑顔で帰国していきました。そして夫も大学院修了に向けてラストスパートが始まります。

★今回の教訓★

(1)「母の真心」に感謝すべし

(2)自分が母になったら「娘時代」は終わりを告げることを覚悟すべし

(3)赤ちゃんの口を乳首にきちんと「ラッチ・オン(吸着)」させるべし!さもないと乳首は傷つきます!

次回は、「赤ちゃんとの暮らし、極寒のボストン編」をお届けします。

(2016年6月21日の記事を再掲載しています)

【参考・画像】
※ Maria Sbytova / Evgeny Atamanenko – Shutterstock

【関連記事】

※ 【医学博士監修】マタニティースイミングの3つの効果とスタート時期は?

【海外出産奮闘記#2】「誰かのお母さん」になりつつある不安…。~夫とのアメリカ・マタニティライフ編~

出産費用で9,000ドル!? 四児の母が語る「海外出産奮闘記」~できちゃった婚・妊娠編~#01

※ 秋冬出産ママは絶対準備して!小児科医ママがおすすめする「鼻水ケアグッズ」とは[PR]

※ 出産前から始めたい︕初心者ママにおすすめのお金の運用術とは︖[PR]

【産後の肌対策】2人目出産ママが体験した「エイジングケア」と優秀アイテム[PR]

 小児科医に聞いた「赤ちゃんの肌を考えたベビー用品選びのポイント」は?[PR]

◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る