転んだ時のNGしつけ「泣いちゃダメ!」の一言が子どもの感情を押し殺す理由

source:http://www.shutterstock.com/

子どもってよく転んで泣きますよね。そんな時、どんな対応をしていますか?

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“子どもが転んだときのNG対応”についてお話します。

 

「泣くな!」の知ったが感情表現を押し殺す

アスファルトの上で転んだらかなり痛いですよね。大人だって痛い思いをします。子どもは当然、ワーッと泣きます。

でも、そんな時、「泣くんじゃない!」と叱りつけるママがいます。

「強い子になってほしい」という励ましのつもりで言っているのかもしれませんが、親に慰めてもらえない子どもは、落胆しています。

また、暗に「あなたは弱虫ね」と言われているのも同然です。

更には、「痛い時でも決して泣いてはいけない」と、あふれでる感情にふたをすることを教える育て方で、子どもの精神衛生上よくないこともあります。

 

慰めにならない「大丈夫、大したことないよ」の言葉

ママ友に「うちの子、落ち着きがなくて何か問題があるのではないかと心配なの」と相談した時、「大丈夫、大丈夫、子どもなんて皆、そんなものよ」と、ちっとも慰めならない言葉をかけられたことってありませんか。

更に、そのママ友の子がお利口な子だったりしたら不安感が増し「私の苦しみなんか誰もわかってくれない」と悲しくなったりしますよね。

子どもだって同じです。痛いと訴えているのに「大丈夫、大丈夫、これくらい大したことないよ」とか「痛くない、痛くない」と言われたら「あなたが痛いと感じているのがおかしい」と言われているように感じます。

そんな時は「転んだら痛いよね。涙が出てくるよね」とまず言ってあげた上で「痛いの痛いの飛んで行け!」と、転んだ箇所に「フーフー」息を吹きかけてあげましょう。

共感してもらったことで、痛みがあったとしても泣き止んだりします。ママの愛の薬で痛みが不思議と軽減されます。

 

「転ばないようにね」と転ぶ前に注意するのは過保護

“転んで泣かれては大変”、“大事な身体に傷を負わせては大変”と、走り出した子どもにまだ転んでもいないのに「転ばないようにね」と釘を刺している人がいますが、ちょっと過保護です。

子どもはだんだんと臆病になって、挑戦意欲がなくなります。

また、ママ友の子ども達と遊ぶ時も、喧嘩をまだしていないうちから「仲良く遊ぶのよ」と前置きのように注意するのもよくないです。

もし、声をかけるのならば、事が起こってから対応しましょうね。

 

一番GOODなのは「大丈夫?痛かったね」の共感

source:http://www.shutterstock.com/

「あんなに走って転ばないかな」と思っても見守りましょう。子ども自ら、“転ぶ失敗体験”を通してどうやって走れば転ばないか学習できるからです。

そして、もし転んだ時は「大丈夫?痛かったね」と共感してあげるのことが大切。

また、痒みの場合も同様です。痒みは、痛みよりツラいと言います。あなただって蚊に刺されたとき「掻かないで我慢しろ」と言われたら耐えられないはずです。

アトピー性皮膚炎で痒がっている時は「ひっかいちゃダメ」と禁止するよりも「痒いよね。でも引っ掻くと皮膚がますます悪くなるので、ポンポン叩いてまぎらわそうね」と言いましょう。

いかがでしたか?

実にいろんな対応がありますが、声をかけることはとても良いことです。やってはならない対応は“放置して無視する”ことです。

マザーテレサの言葉「愛の反対は憎しみではありません。愛の反対は無関心です。」

愛から最も遠いのは、相手の苦しみの心を閉ざす無関心、ここからは愛は生まれないという名言です。

子どもが転んでもスマホに夢中なママ。転んで訴えてきても「うるさいなあ」と言わんばかりに無視、こんな風に絶対に放置することだけはしないようにしましょうね。

 

【参考・画像】

※ 〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』(Amazon)

※ 〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』(楽天)

テキトー漫画

※ Kalinovskiy / Shutterstock

【著者略歴】

※ 立石美津子・・・著者・講演家・元幼児教室経営者。自閉症児の子育て中。著書に『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』

※ 『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』(Amazon)

※ 『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』(楽天)

cover_subaru_ikuji2

【関連記事】

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#04 ゲームは禁止した方がイイの?

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#03 いじめはどうやって見抜けばいいんでしょう?

★毎週更新★It Mama読者限定嬉しいプレゼントキャンペーン情報まとめ

※ 子育てもヘルスケアもオーガニックが1番!「自然派ママ」おすすめのマストアイテム[PR]

※ 「かわってあげられなくて、ごめんね。」悩むママの一言が生んだスキンケアとは?[PR]

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは[PR]

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ ドラえもんと学ぶ「楽習」が子どもの将来性を高めるワケ

※ 実は、妊活する前に知っておくべき!「葉酸のヒミツ」とは

※ 【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

※ 妊活から産後まで手放せない!「3人目妊娠中」の自然派ママおすすめアイテムとは?

morinaga-20170104132157

LINE@はじめました
It Mamaでは日々最新のママトレンドニュースをお届けするため、LINE@をはじめました。ママが知っておくべき子育てや出産、妊活などのお役立ち情報や、LINE@限定プレゼントキャンペーン情報を日々配信してまいります! 友だち追加は以下よりどうぞ!

友だち追加

It Mama 連載

(2016年5月19日の記事を再掲載しています)

LINEで送る