つぶやくと「育児ストレス」がスーッと消える魔法の言葉3つ

つぶやくと「育児ストレス」がスーッと消える魔法の言葉3つ
source:http://www.shutterstock.com/

「私、人よりダメなママなんじゃ……?」と不安に思っていませんか?

赤ちゃんが何で泣くのかわからないとき、どうすればわからないとき、「必要とされていない」「育てる資格がない」「他のママに育てられた方がこの子もよかったはず」などと自分を責めてしまいますよね。

大丈夫です。あなたはダメなママなんかじゃありません。自信を取り戻しましょう。不安なときは、それが消えるような言葉を口にするといいです。

心理カウンセラーの心屋仁之助さんの著書『心屋仁之助の今ある「悩み」をズバリ解決します!』には、そんな魔法の言葉が紹介されています。悩みがちなママは、これを唱えてみると、不思議なくらいスーッとしますよ。ぜひ試してみてください!

 

■1:「これは思い込みだ」

心屋さんは、不安や恐怖は基本的に“過去の経験からくる”と指摘しています。これは、思い出し笑いならぬ“思い出し怖い”や“思い出し不安”というやつです。あなたは、過去に子育てで失敗した経験を思い出して「またやったらどうしよう」「またああなったらどうしよう」と頭を抱えているのでは?

そんなとき、「これは思い込みだ」と何度もつぶやいてみてください。すると、「また同じことが繰り返されるなんて妄想はただの思い込みだ」と気付くことができますよ。

 

■2:「ま、いっか」

「私が頑張らないとこの子はちゃんと育たない」そう思って、完璧に子育てしようとしていませんか? そんなことに執着していると、いつまで経っても子育てのことで悩み続けてしまいます。

悩みは、なくなると「ま、いっか」と言うことができるのですが、悩んでいる最中はなかなかこれを言うことができません。そのため、悩んでいるときに「ま、いっか」と言うと、「ま、いっか」の状態に近づき、執着を手放すきっかけになるのです。

そんなに頑張らないで、たまには「ま、いっか」と声に出して、肩の力を抜いてみてください。

 

■3:「面白くなってきた」

これまで子育てをしてきて、たくさん大変な思いをしてきたと思います。でも、そこから得るものも大きかったのではないでしょうか。子育てのおかげで“●●を知ることができた”、ということはきっと多いはずです。これまでの経験は、誰かと話すときのネタにもなります。

辛いときは、「面白くなってきた」と言うだけで、気持ちはみるみる復活してきます。「この辛さ、誰かに話そう」なんて考えてみてもいいのではないでしょうか? きっと、「こんなに辛くても乗り越えられる私って、すごい」と思えてきますよ。

 

 

【参考・画像】

※ 心屋仁之助(2013)『心屋仁之助の今ある「悩み」をズバリ解決します!』 三笠書房

※ Alexandru Logel / Shutterstock

【関連記事】

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#04 ゲームは禁止した方がイイの?

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#03 いじめはどうやって見抜けばいいんでしょう?

★毎週更新★It Mama読者限定嬉しいプレゼントキャンペーン情報まとめ

※ 子育てもヘルスケアもオーガニックが1番!「自然派ママ」おすすめのマストアイテム[PR]

※ 「かわってあげられなくて、ごめんね。」悩むママの一言が生んだスキンケアとは?[PR]

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは[PR]

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ ドラえもんと学ぶ「楽習」が子どもの将来性を高めるワケ

※ 実は、妊活する前に知っておくべき!「葉酸のヒミツ」とは

※ 【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

※ 妊活から産後まで手放せない!「3人目妊娠中」の自然派ママおすすめアイテムとは?

morinaga-20170104132157

LINE@はじめました
It Mamaでは日々最新のママトレンドニュースをお届けするため、LINE@をはじめました。ママが知っておくべき子育てや出産、妊活などのお役立ち情報や、LINE@限定プレゼントキャンペーン情報を日々配信してまいります! 友だち追加は以下よりどうぞ!

友だち追加

It Mama 連載

(2013年5月19日の記事を再掲載しています)

LINEで送る