【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#02 上の子の「赤ちゃん返り」どうすればいい?

shutterstock_132453272
source:http://www.shutterstock.com/

「1人でできる子になる『テキトー母さん流』子育てのコツ」の著者の立石美津子が、ママ達の育児の素朴な疑問に応えるQ&A連載、【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】をお伝えします。

第2回のテーマはこちら。

tateishi02

下の子が生まれると赤ちゃんが1人増えるだけでなく、上の子まで赤ちゃんになってしまうことがあります。ママは疲労困憊ですよね。

 

上の子にとっては「寂しすぎる毎日」の始まり

出産するときはママは数日間、入院します。このとき上の子は生まれて初めて夜も昼もママがいない寂しい生活を経験するのです。

親にとっては“たった5日間くらい”のことでも上の子にとっては1年くらいに長く感じる毎日だったりします。

赤ちゃんが誕生して産院にお見舞いに行くとき、上の子にとっては“赤ちゃんに会える喜び”よりも「やっと大好きなママに抱っこしてもらえる!」という喜びがの方が大きいんです。

ところが、大好きなママの腕には天使のような赤ちゃんが抱かれています。そしてパパもお祖父ちゃんお祖母ちゃんも赤ちゃんに群がり「可愛いわね~!」と大騒ぎしています。

上の子は「ああ、もう僕の方をみてもらえないんだ。弟にママを奪われちゃう!」と悲しい気持ちになります。

更に家に帰ってからも話題は生まれた赤ちゃんのことばかりになり、“自分はないがしろにされている”と感じたりします。生まれて1年くらいは「首が座った」「寝返りをうった」「立った」と皆赤ちゃんに注目しています。自分が昔、同じようにされたことなんかすっかり忘れてしまっています。

 

「赤ちゃんに変身してしまう」上の子の目的って?

tekito
(c)あべゆみこ

ママが赤ちゃんの世話にかかりっきりなっている様子を見て、上の子はあえて赤ちゃんの世話を中断させる行為に出て自分に関心をもってらおうとします。これが”赤ちゃん返り”です。

パンツにおしっこをしたり、哺乳瓶で飲み物を欲しがったり。“ママが赤ちゃんの世話をしないで僕を叱る”こと自体も上の子の目的になります。だから上の子を怒ったり注意したりすることは悪循環になるのです。

 

下の子に「ママの愛情を感じてもらう」コツは?

では、どうすればよいのでしょうか。

これはNGワードです。

「お兄ちゃんになったんだから、いつまでも甘えていてはおかしいわよ!」

「ママは赤ちゃんのお世話で忙しいの。なんでママを困らせるようなことばかりするの!」

次のように言いましょう。

「○○ちゃんがお手伝いしてくれるからママは本当に助かるわ。ありがとう」

「我慢していることがたくさんあることはママはちゃんとわかっているよ。お兄さんになって我慢できて偉いね」

「赤ちゃんはまだ一人では何も出来ないからママがお世話をしているのよ。○○ちゃんも赤ちゃんの時、こうしてあげたんだよ、覚えてる?」

 

心だけでなく行動で示してあげたい2つのコト

tekito-2.1-24-20160621173117-218x500
(c)あべゆみこ

●「会いたかったよ」を伝えてあげる

出産後の初めてのママとの再会のときは、下の子はパパや看護師さんに一瞬預けて「会いたかったよ」と上の子だけを抱きしめてあげましょう。

下の子を抱いたままで上の子に対面しないのがポイントですよ。その後、「弟だよ(妹だよ)」と赤ちゃんを紹介してあげましょう。

 

●独り占めできる時間を毎日作ってあげる

赤ちゃんが寝ている間に上の子だけに絵本を読み聞かせする時間を作る、一緒に玩具で遊ぶなどママを独り占めできる時間を毎日、10分でよいので作ることを心がけましょう。

また、休日はパパに赤ちゃんを預けて上の子とお出かけする時間を設けるとママ自体もリフレッシュできます。近所のスーパーでも公園でも良いので上の子だけとの時間を意識して取りましょう。

ママにとってしんどい上の子の赤ちゃん返り、でもその行動の要因を作っているのは親の対応だったりします。

我慢させるばかりいるとママが見ていないところで下の子をいじめたり、将来にわたって兄弟関係がうまくいかなくなることもあります。

赤ちゃんのために我慢させるのではなく、上の子に対しても愛情があることをママの心の中だけではなく具体的に言葉や行動で示すことがコツですよ。

 

【参考・画像】

※ 〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』(Amazon)

※ 〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』(楽天)

テキトー漫画

※ あべゆみこ

※ Oksana Kuzmina / Shutterstock

【著者略歴】

※ 立石美津子・・・著者・講演家・元幼児教室経営者。自閉症児の子育て中。著書に『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』

※ 『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』(Amazon)

※ 『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』(楽天)

cover_subaru_ikuji2

【関連記事】

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#68 子どもに勉強を上手に教えられないのですが

いくら言っても勉強しないんですが…【子育てのツボ!】#72

【ItMama読者プレゼント】ユニ・チャーム「オヤスミマン」がもらえる!(限定12名様)

※ 子育てもヘルスケアもオーガニックが1番!「自然派ママ」おすすめのマストアイテム[PR]

※ 「かわってあげられなくて、ごめんね。」悩むママの一言が生んだスキンケアとは?[PR]

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは[PR]

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ ドラえもんと学ぶ「楽習」が子どもの将来性を高めるワケ

※ 実は、妊活する前に知っておくべき!「葉酸のヒミツ」とは

※ 【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

※ 妊活から産後まで手放せない!「3人目妊娠中」の自然派ママおすすめアイテムとは?

morinaga-20170104132157

LINE@はじめました
It Mamaでは日々最新のママトレンドニュースをお届けするため、LINE@をはじめました。ママが知っておくべき子育てや出産、妊活などのお役立ち情報や、LINE@限定プレゼントキャンペーン情報を日々配信してまいります! 友だち追加は以下よりどうぞ!

友だち追加

It Mama 連載

(2016年6月25日の記事を再掲載しています)

LINEで送る