【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#01 親が赤ちゃん言葉を使うのは良くないの?

shutterstock_223619764
source:http://www.shutterstock.com/

「1人でできる子になる『テキトー母さん流』子育てのコツ」の著者の立石美津子が、ママ達の育児の素朴な疑問に応えるQ&A連載、【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】をお伝えします。

第1回のテーマはこちら。

tateishi

親が幼児語を使わない方がイイ理由

幼い子どもが「クック(靴のこと)」「マンマ(ご飯のこと)「オンモ(外のこと)」と舌っ足らずの声でしゃべると可愛いですよね。でも、ママが釣られて使うのは止めましょう。

子どもは母親からの言葉を一番多く聞いて母国語を獲得していきます。そんな、ママの口からでる言葉が“赤ちゃん言葉ばかり”だったら正しい日本語を聞くチャンスが激減してしまいます。

言語環境としてはあまり良くないでしょう。

子どもに「赤ちゃん言葉を禁止」するとどうなる?

だからと言って、子どもが「ワンワン来た」と言ったとき「ダメ!『犬がきた』って言って!」。「ブーブ乗りたい」「そうじゃなくて『車に乗りたい』って言ってごらん!」と幼児語を使うことを禁止してはいけません。

2~3歳の子どもはまだ、舌や顎、歯が未発達なので言いやすい言葉を盛んに使います。だから、幼児語を小さな子どもが使っても良いのです。

もし“今日から幼児語禁止”なんてしてしまい、話すたびに注意されると「言葉を話すことに対しておっかなびっくり」になってしまい、喋らなくなってしまいますよ。

子どもが「赤ちゃん言葉から卒業できる」コミュニケーション法って?

tekito-2.1-4
(c)あべゆみこ
出典: It Mama(イットママ)

こんな風に返してあげてください。

子:「マンマおいちい」

親:「ご飯とっても美味しいね」

子:「クックはいてオンモ行く」

親:「じゃあ、靴を履いて外に行こうか」

子どもはたとえ自分でちゃんと話せなくても、耳にしている言葉が正しい日本語であれば、自然に軌道修正され赤ちゃん言葉から卒業できます。

 

社会では使わない言い方を教えちゃダメ!

さて、小学校6年生になっても「20日」を「にじゅうにち」、「8日」を「はちにち」としか言えない子どもがいます。

けれども幼児期からカレンダーを差して「今日は“ごがついつか”ね(5月5日)」「今日は“ろくがつついたち”ね(6月1日)」の会話がある家庭の子どもは、取り立てて教えなくても、小学校に入学する前には正しい日付の読み方ができるようになっています。

「難しいだろう」とわざわざ社会では使わない言い方で「今日は“ごがつごにち”ね」「今日は“ろくがついちにち”ね」などと聞かせてしまうと苦労するのは子どもです。

一度覚えたものを消して覚え直しすることになるからです。先に頭に入ったものは、人間の脳に強烈にインプットされるので、修正するのはとても厄介なことなんです。

 

それから鉛筆でも絵本でも、なんでもかんでも子どもの前で「一つ、二つ」で済ますのではなく、大人は「一本」、「二冊」と使いわけましょう。

どんな言い方でも耳にしていれば、スポンジが水を吸収するようにどんどん覚えてしまうのが子どもです。あまり子ども扱いしすぎないで通常使われている言い方を会話の中に取り込んでいきましょう。

言葉は本能として持って生まれてくる訳ではありません。親の言葉を聞いて覚えていくものです。

ママは「日本語教育をしているんだ」と考えて赤ちゃん言葉を頻繁に使うのは止めましょうね。

それから、「まじ、やばい、超」などの言葉も聞いていれば覚えていきます。子どもの前で使うのはできるだけ控えましょうね。

tekito-2.1-7-20160620151227-227x500
(c)あべゆみこ
出典: It Mama(イットママ)

 

【参考・画像】

※ 〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』(Amazon)

※ 〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』(楽天)

テキトー漫画

※ あべゆみこ

※ Oksana Kuzmina / Shutterstock

【著者略歴】

※ 立石美津子・・・著者・講演家・元幼児教室経営者。自閉症児の子育て中。著書に『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』

※ 『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』(Amazon)

※ 『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』(楽天)

cover_subaru_ikuji2

【関連記事】

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#68 子どもに勉強を上手に教えられないのですが

いくら言っても勉強しないんですが…【子育てのツボ!】#72

【ItMama読者プレゼント】ユニ・チャーム「オヤスミマン」がもらえる!(限定12名様)

※ 子育てもヘルスケアもオーガニックが1番!「自然派ママ」おすすめのマストアイテム[PR]

※ 「かわってあげられなくて、ごめんね。」悩むママの一言が生んだスキンケアとは?[PR]

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは[PR]

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ ドラえもんと学ぶ「楽習」が子どもの将来性を高めるワケ

※ 実は、妊活する前に知っておくべき!「葉酸のヒミツ」とは

※ 【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

※ 妊活から産後まで手放せない!「3人目妊娠中」の自然派ママおすすめアイテムとは?

morinaga-20170104132157

LINE@はじめました
It Mamaでは日々最新のママトレンドニュースをお届けするため、LINE@をはじめました。ママが知っておくべき子育てや出産、妊活などのお役立ち情報や、LINE@限定プレゼントキャンペーン情報を日々配信してまいります! 友だち追加は以下よりどうぞ!

友だち追加

It Mama 連載

(2016年6月23日の記事を再掲載しています)

LINEで送る