しつけばかりもNG!子どもが「優しい人」になる親の日常行動パターン3つ

238588375
source:http://www.shutterstock.com/

今はママのそばを離れようとしない子どもでも、これからどんどん大きくなり、すぐに親の手を離れて歩き出します。

そうなった時、「周りの人に優しくできる人になって、喜びも悲しみも分け合える人たちに囲まれた、孤独とは無縁の人生を歩んでほしい」と願うのは親としては当然のことでしょう。

今日は、四児の母であり子育てアドバイザーである筆者が、子どもが“優しい人”になるために必要な親の行動を3つご紹介します。

 

■1:子どもに「自信」を持たせる

優しさとは、自分に自信があることで生まれる気持ちです。自信なく、おどおどしていると、人に対して優しい気持ちを向ける余裕はありません。

「自信がないけど優しい人もいる」と言いたいところですが、自信の無さから生まれる“人に好かれたい”という願いを叶えるための“手段としての優しさ”は、本当の優しさとは異なるのではないでしょうか。

人間は自分に優しくできることで、人にも優しくなれるのです。そのため、子どもが自信を持てるように、親はたくさん抱きしめて愛情を伝える必要があります。そうすることで子どもは、「自分は愛されて大事にされている」という自信を持てるようになり、それが優しさの基盤となります。

 

■2:「大丈夫?」と声をかける

子どもがはしゃいだりいたずらをしたりして、ケガをしてしまった時、「ほら言ったでしょ」と言っていませんか? もし言っていたら、その言葉をグッとこらえて「大丈夫?」に置き換えてください。

「大丈夫?」という一言で、「痛くなかった?ママは心配しているよ」という気持ちを伝えることが大切です。

ママに優しい言葉をかけられていると、子どもは同じようなシーンに遭遇した時、周りの人に「大丈夫?」と優しく声をかけられるようになります。初めは言葉だけかもしれませんが、だんだんと気持ちが追い付いてくるのです。

 

■3:「自分でやって」と言い過ぎない

子どもが“自分でできること”と“親の助けを必要とすること”の境界は、いつも一緒にいるママでも難しいものですよね。でも、親はその境界線をしっかりと見極め、子どもが困っている時には手助けをすることが大切です。

甘やかしたくないという思いから、お片づけ、着替えなどをいつでも「自分でやって!」と言っていませんか?

ママだって疲れていたり、眠たいときは手伝ってほしいと思うことがあるでしょう。子どもの様子を見極めて、「今は疲れているな」「眠いんだな」と手助けを必要とする機を見計らってみてください。

困っている時にママから助けてもらうことで、「困っている人を助けてあげよう」という優しい気持ちが育ちます。

 

いかがでしたか?

子どもは親の行動を見て育ちます。子どもを優しい子に育てたいと思っているママは、ちょっとだけ意識して、子どもが泣いたり、困っていたら、まずは「大丈夫?」と言葉をかけることから始めてみてくださいね。

 

【画像】

※ Sjale / Shutterstock

【著者略歴】

※ mica・・・夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住のご機嫌妻アドバイザー。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!執筆依頼はブログよりどうぞ。

【関連記事】

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#68 子どもに勉強を上手に教えられないのですが

いくら言っても勉強しないんですが…【子育てのツボ!】#72

【ItMama読者プレゼント】ユニ・チャーム「オヤスミマン」がもらえる!(限定12名様)

育児ストレスで肌荒れしてない…?今すぐ始めたい「1分美肌術」とは[PR]

※ ドラえもんと学ぶ「楽習」が子どもの将来性を高めるワケ[PR]

※ 【医師監修】加湿器が「バクテリア」をバラまくってホント…?[PR]

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは

※ 実は、妊活する前に知っておくべき!「葉酸のヒミツ」とは

※ 【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

※ 妊活から産後まで手放せない!「3人目妊娠中」の自然派ママおすすめアイテムとは?

morinaga-20170104132157

LINE@はじめました
It Mamaでは日々最新のママトレンドニュースをお届けするため、LINE@をはじめました。ママが知っておくべき子育てや出産、妊活などのお役立ち情報や、LINE@限定プレゼントキャンペーン情報を日々配信してまいります! 友だち追加は以下よりどうぞ!

友だち追加

It Mama 連載

(2015年7月3日の記事を再掲載しています)

LINEで送る