【小児科医に聞いて分かった!】粉ミルクを選ぶならこれ!

shutterstock_409317970

世の中では「完全母乳がいい」といわれています。でも、母乳の出方や、赤ちゃんの飲み方などがまちまちで、思うように母乳をあげられずお悩みのママも多いのでは?

It Mamaのアンケートでも、粉ミルクを選ぶ際に「本当は母乳をあげたい」と思っているママが約43%も。

また、「商品の違いがよく分からない」「何をポイントに粉ミルクを選べばいいのか分からない」という声も約半数のママから聞かれました。

多くのママたちが、「母乳がいい」と分かっていながら、いざミルクを選ぶ時には迷ってしまっているようです。

image-1

そもそも、母乳はどんなところがいいのでしょうか?

また、粉ミルクは何をポイントに選べばいいのでしょうか?

It Mama編集部は、小児科医の大井美恵子先生に聞きました。

%e3%81%a4%ef%bc%89%e5%b7%b7%e5%b2%a1%e5%bd%a9%e5%ad%90dr

大井美恵子 先生
小児慢性特定疾患指定医・難病指定医・子どもの心相談医
女医によるファミリークリニック院長日本小児科学会/日本小児神経学会/日本周産期新生児医学会/日本リウマチ学会/日本小児科学会/日本アレルギー学会/日本小児皮膚科学会所属
金沢医科大学卒業後、広島市立広島市民病院で勤務。
その後、自らの子育て経験をもとに、ファミリークリニックを開業。
女性スタッフと産後の女医数名で各スペシャリティをいかした診察を提供する。3歳の女の子のママ。

教えて!先生「母乳のいいところ」「ミルク選びのポイント」

先生、母乳はどんなところがいいのでしょうか?

medela016 小児科医 大井先生

「まだ1人で食事ができない赤ちゃんにとって、ママの母乳は唯一の栄養源。母乳は赤ちゃんに最適な成分組成で、代謝の負担が少なく、感染症の発症も低下させるといわれています。母子関係の良好な形成、出産後の母体の回復などのメリットもあるんです。」

だから母乳は推奨されているんですね!

でも、母乳をあげたくてもあげられない時ってありますよね?

medela016 小児科医 大井先生

「母乳が出ない時や、ママが風邪などで体調の悪い時は、無理せず粉ミルクに頼りましょう。」

 

では、どの粉ミルクを選べばいいのでしょうか?

ミルク選びに迷っているママが多いようなので、選ぶポイントを教えてください!

medela016 小児科医 大井先生

「たんぱく質の種類や、母乳に近い成分が配合されているかどうかに注目して選ぶといいと思います。」

 

最近は母乳の栄養バランスに近いミルクが出ていますが、メーカーによって成分に差があります。

その中でもIt Mama編集部オススメの粉ミルクはズバリ、森永乳業の『E赤ちゃん』です!

 

メーカーに直撃!『E赤ちゃん』について教えてください!

『E赤ちゃん』がほかの粉ミルクと大きく違うのは、「ペプチドミルク」だということ。

詳しいお話を、森永乳業ウェルネス事業部の庄子大介さんに聞きました。

11_09-1

庄子大介 さん
森永乳業株式会社 第一営業本部 ウェルネス事業部
マーケティング統括グループ栄養食品マーケティンググループ マネージャー

POINT1 『E赤ちゃん』は赤ちゃんにやさしいペプチドミルク!

「ペプチドミルク」について知るには、まず母乳と育児用ミルクの違いを知りましょう。

medela016 森永乳業 庄子さん

「母乳と育児用ミルクの違いの1つとして“たんぱく質”が挙げられます。」

 

母乳はママが乳児のために分泌する乳汁なので、ヒト由来のたんぱく質が含まれており、赤ちゃんにとって異種性がないものとなります。

一方、育児用ミルクは牛乳などを原料に作られているので、牛乳由来のたんぱく質が含まれており、赤ちゃんにとって異種性があるものとなります。

牛乳由来のたんぱく質は、赤ちゃんの未熟な消化吸収能力や腎臓機能に負担がかかりやすいといわれ、異種性のあるたんぱく質が消化されないまま体内に取り込まれるとミルクアレルギーの原因になることもあります。

そこで、赤ちゃんの負担をできる限り減らしたのが、「ペプチドミルク」です。

%e6%a3%ae%e6%b0%b8%e2%91%a1

上の図のように、たんぱく質の結合を細かく切ったものを「ペプチド」といいます。

「ペプチドミルク」とは、牛乳たんぱく質をこのようにあらかじめ小さく消化して、まるで母乳のように消化・吸収しやすくした、赤ちゃんにやさしいミルクのこと。

medela016 森永乳業 庄子さん

「ペプチドミルクの『E赤ちゃん』は、一般の育児用ミルクに比べ、消化しやすさを母乳に近づけています。」

母乳や粉ミルクに残存するペプチド結合数の割合(母乳を1とした場合)
グラフ:母乳や粉ミルクに残存するペプチド結合数の割合(母乳を1とした場合)

なるほど! 粉ミルクは母乳の代わりにあげるものだから、やっぱり母乳と同じように消化しやすいほうがいいですよね。

medela016 森永乳業 庄子さん

「母乳に近いのは、消化しやすさだけではありませんよ。『E赤ちゃん』は、赤ちゃんの発育に必要な母乳の栄養成分もしっかり配合しています。“ラクトフェリン”、“DHA”と“アラキドン酸”、“オリゴ糖”です。

 

It Mamaのアンケートでも、『E赤ちゃん』を選んだ多くのママが、ラクトフェリンやDHA・アラキドン酸に関心を持っていると分かりました。

※n=54、2016年12月 It Mama調べ
※n=54、2016年12月 It Mama調べ

 

POINT2 世界初!初乳に含まれるラクトフェリン配合の粉ミルク

“ラクトフェリン”は初乳に多く含まれるたんぱく質。赤ちゃんを守る大切な成分です。
medela016 森永乳業 庄子さん

「大腸菌などの悪い菌はやっつけ、ビフィズス菌のような良い菌は守る、ラクトフェリン。実は、ラクトフェリンを育児用ミルクに世界で初めて配合したのは森永乳業なんです!※1

『E赤ちゃん』では、ラクトフェリンのアレルゲン性を低減した消化物を配合しています。」

 

POINT3 母乳と同じ比率のDHA・アラキドン酸で発育をサポート!

魚介類に多く含まれる有名な成分“DHA”、卵や豚肉、レバーなどにも多く含まれる“アラキドン酸”。

大人用のサプリメントでも話題になっているので、聞いたことがあるママも多いのでは?これらの成分は母乳にも多く含まれています。

medela016 森永乳業 庄子さん

「赤ちゃんがとった”DHA”や”アラキドン酸”は脳や神経に多く蓄積され、これらの発達に重要です。DHAが多く含まれる魚をたくさん食べる日本人の母乳では“DHA”と“アラキドン酸”の比率が2:1になっています。
『E赤ちゃん』には、”DHA”と”アラキドン酸”を日本人の母乳と同じ比率で配合していて、赤ちゃんの脳やこころの成長をサポートします。」

 

POINT4 オリゴ糖が3種類入って整腸もサポート!

母乳には豊富な種類の“オリゴ糖”が含まれていて、赤ちゃんのおなかの中でビフィズス菌などの“善玉菌”を増やして腸内環境を整えたり、感染を防いだりと、とても大切な役割を果たしています。

medela016 森永乳業 庄子さん

「赤ちゃんの健康にとって、オリゴ糖はとっても重要です。“オリゴ糖”が3種類も入っている育児用ミルクは森永乳業だけ。オリゴ糖の種類が増えると、おなかのビフィズス菌が元気になっていいうんちが出ますよ。」

おなかにもやさしい。これはミルク選びの大きなポイントですね。

 

そんな『E赤ちゃん』は多くの子育てママにも品質の高さが認められ、「2016年マザーズセレクション大賞※2を受賞しました。

さらにママだけでなく、専門家にも高く評価されているとのこと。
medela016 小児科医 大井先生

「『E赤ちゃん』は、全国13大学20施設の先生たちから評価され、栄養学的に有用であること、ミルクアレルギーの原因となる抗体ができにくいことが認められて、第97回日本小児科学会で発表されました。
私も普段の診療で『E赤ちゃん』をオススメしていますよ。」

%e2%91%a3

 

『E赤ちゃん』はミルクアレルギーにイイの?

POINT1でアレルギーの話が出ましたが、赤ちゃんのアレルギーが心配なママは多いはず。もう少し詳しく教えてください!

medela016 森永乳業 庄子さん

「アレルギーは、原因となるたんぱく質などのアレルゲンが未消化のまま体内に入り、これに対する「抗体」という物質が作られることではじまります。その後再びアレルゲンが入ってきた時に抗体と反応すると、アレルギー症状が起こります。

『E赤ちゃん』のたんぱく質は消化されたペプチドのため、そのまま体内に吸収されても、ミルクアレルギーの原因となる抗体はできにくいのです。」

%e6%a3%ae%e6%b0%b8%e2%91%a3

ミルクアレルギーに配慮したペプチドミルクの『E赤ちゃん』なら、赤ちゃんに安心してあげられますね。

medela016 小児科医 大井先生

「食物アレルギーは、特に0歳児に多く見られます。0歳からアレルギーケアを始めて、幼稚園に入るまではケアを続けるのが良いと思います。」

%e6%a3%ae%e6%b0%b8%e2%91%a4

いかがでしたか?

赤ちゃんが初めて口にするミルクは特に気を付けてあげたいですよね。

母乳で育てたいのはもちろんですが、ママが無理をしすぎてストレスを抱えてしまっては元も子もありません。母乳に近くて赤ちゃんにやさしい『E赤ちゃん』を上手に活用して、もっと育児を楽しみましょう♪

 

※1 :1986年発売、「森永BF-Lドライミルク」が世界で初めて育児用ミルクにラクトフェリンを配合

※2 :マザーズセレクション大賞とは?

日本の子育て支援・母親支援の一環として、子育て期のママ達が愛用している<モノ>や、ママたちの応援となる<コト>の中で(便利な)(元気になる)(癒される)(子育てに役立った)など、一般のママたちからの応募(投票)の得票結果で選出し表彰するアワードです。

%e6%a3%ae%e6%b0%b8%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc0130

【参考】

多くのママが支持した「母乳に近い」ペプチドミルク『E赤ちゃん』の詳細はこちらから

【関連記事】

ママの本音座談会!粉ミルクについて、先輩ママが本気で重要視していたこととは!?

Sponsored by 森永乳業

LINEで送る