恐怖の無駄遣い!いつの間にかお金が減っている意外な原因3つ

shutterstock_124150219
source:http://www.shutterstock.com/

ふと通帳を見たら「あれ? こんなにお金がなかったっけ?」と疑問に思うこと、ありませんか? しっかり節約しているはずなのに、意外と残金が減っている……。ちょっとした恐怖ですよね。

それで筆者は先日、徹底的に調べていたら”自覚症状のめちゃくちゃ薄い無駄遣い”に気付いたので、以下からご紹介したいと思います。

どれもレシート確認だけでは見落としてしまうものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください!

 

■1:車やカードの罰金

旅行シーズンになると、高速道路を利用する家族は多いと思います。久しぶりのドライブ、いつもよりテンションも上がりますよね。それでスピードを出しすぎ、“スピード違反で捕まってしまう”ケース、結構あるのです。

みなさんは高速道路の反則金、ご存知ですか? 15km未満で9,000円します。相当の無駄遣いですよね。

あと、恥ずかしいので書きたくなかったのですが、クレジットカードの遅延損害金も意外と見落としがちです。口座にお金を入れ忘れて、督促状が届いてビックリすることも……。

スピード違反の反則金より額は小さいですが、それ故に「今月こんなに引き落とされるんだっけ?」と油断してしまいやすいので要注意です。

 

■2:保険の特約

子どもができると、保険の加入や見直しをすると思います。このとき、余計な特約は外した方がいいです。

生命保険の医療特約なんかは、最たる例です。健康なのに払いすぎているケース、よくインターネット上でも話題になっています。

自動車保険なら、ロードサービス加入が無駄遣いになっているケースがあります。自動的に付帯しているものが多いので、重複に気付かないままだと危険です!

余談ですが、筆者は自動車保険の明細をファイリングするまで気付かなかったので、気を付けてください。

 

■3:年会費・月間使用料

クレジットカードの年会費はもちろんのこと、勝手に毎月引き落とされるサービスの料金も調べてみると無駄遣いがたくさん見つかります。

世の中には、もっと料金が安いクレジットカードやサービスがあるんです! それに気付かず、使っていることはありませんか?

例えば、あまり見ないのに、ケーブルテレビや動画サービス、レンタルDVDに払いすぎていることはありませんか?

あと、携帯代。学生時代ほど電話しないのに、プランがそのままになっていて、余計なお金を使っているケースは多いです。

それで“替え活”なんて言葉も流行りました。

 

子どもがいる家庭はあまり無駄遣いしないと思いますが、上記の3つにも気を付けてみてほしいです。

あと、給料日前だけ節約していると、給料日になった途端ネットショッピングに走ってしまうこともあります。

お金を使いたい欲求がたまっていると、手当たり次第に買ってしまいがち。もしこのような傾向があるなら、ガマンしすぎないようにしてみては?

 

【参考・画像】

※ スピード違反の点数と反則金一覧 – スピード違反で捕まらないために~速度超過の罰金・点数・取締りを知る~

※ wavebreakmedia / Shutterstock

【関連記事】

【専門家が指摘】「高齢出産夫婦」のマネープランと意外な落とし穴!

経済的不安で「2人目」を迷っている夫婦が知るべき、お得マネー情報

【ItMama読者プレゼント】ユニ・チャーム「オヤスミマン」がもらえる!(限定12名様)

※ ママの新常識!お金を貯めてGETしたい「マストバイ家電」とは?[PR]

※ ドラえもんと学ぶ「楽習」が子どもの将来性を高める[PR]

怒り過ぎでシワできてない…?「家庭にある●●」を使った1分美肌術とは[PR]

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは

※ 実は、妊活する前に知っておくべき!「葉酸のヒミツ」とは

※ 【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

※ 妊活から産後まで手放せない!「3人目妊娠中」の自然派ママおすすめアイテムとは?

morinaga-20170104132157

LINE@はじめました
It Mamaでは日々最新のママトレンドニュースをお届けするため、LINE@をはじめました。ママが知っておくべき子育てや出産、妊活などのお役立ち情報や、LINE@限定プレゼントキャンペーン情報を日々配信してまいります! 友だち追加は以下よりどうぞ!

友だち追加

It Mama 連載

(2014年6月13日の記事を再掲載しています)

LINEで送る