「子連れ離婚」を考え中のママ必見!養育費が及ぼす子どもへの影響

185848970
source:http://www.shutterstock.com/

もし、今の結婚生活にピリオドを打ち「離婚をしたい」と思っていて、子どもがいる人の場合、感情だけで「養育費はいらない」と決めてしまうのはキケンです。

『平成23年度全国母子世帯等調査』によると、母子世帯数は123.8万世帯となっており、その中でも養育費の取り決めをしている母子世帯は37.7%、取り決めをしていない母子世帯は60.1%で養育費の支払いを受けていないシングルマザーが、圧倒的に多いことが分かります。

そこで今日は、年間約600件の夫婦問題を扱う筆者が、子連れ離婚をする際に気をつけておきたいことについてお伝えします。

 

「養育費」とは

離婚する夫婦間に未成年の子どもがいる場合、その子供の親権・監護権を、夫か妻のどちらかに決める必要があります。

この“子どもを養育するため”に必要な費用を「養育費」といいます。

子どもを監護する親は、監護していない親に対して、子どもを育てるための費用を請求することが出来るのです。

 

養育費の取り決めをしない「理由」って?

筆者の周りの人達にも、養育費の取り決めをせずに離婚をしたシングルマザーが沢山います。

なぜ養育費の取り決めをしなかったのかを聞いてみると、ほとんどの人から「離婚後は相手と関わりたくなかったから」「とにかく一刻も早く離婚したかったから」という答えが返ってきます。

平成23年の厚生労働省が行った調査『母子世帯の母の養育費の取り決めをしていない理由』でも、以下のような結果が出ています。

1位:相手に支払う意思や能力がないと思った・・・60.1%

2位:相手と関わりたくない・・・23.1%

3位:取り決めの交渉をしたが、まとまらなかった・・・8%

この結果から、「どうせ支払ってくれないだろう」と最初から決めつけて“諦めている”人が多いということが想像できます。

仮に相手が無職であろうが、自己破産していようが、子連れで生活をする上で養育費を請求する権利はありますし、相手に支払う義務もあるのです。

 

 養育費の必要性と子どもへ与える影響

ご存じかとは思いますが、養育費は自分たち親の為の権利ではありません。

ですから本来は、「相手と関わりたくない」「請求してもムダ」という“親の都合”だけで養育費の請求を諦めてしまうことは、“親として”子どもにしてあげられることを放棄しているとも受け取られてしまうこともあります。

相手からDVを受ける可能性がある場合は、無理に関わらない方がいいですが、もし「面倒だから」「顔を見たくないから」という理由なのであれば、ぜひ養育費の”必要性”を冷静に考えていただきたいと思います。

養育費請求に対して、支払い能力があるにも関わらず支払わない、親として最低な相手もいますが、生活費や子どもの教育費など、今後の不安を少しでも軽減するために1円でも多くお金があるに越したことはありません。

 

子どものためにも出来る限りの努力をしてみましょう。

子どもが成長していく中で、“養育費が父親から支払われている”という事実があるのと、ないのとでは、子どもが感じる父親に対してのイメージや感情に大きな変化が生じる場合があります。

誠実に養育費を支払ってくれている場合、子どもは離れて暮らしている父親に対して、「お父さんから愛されている」と感じ、精神的に安心し、負の感情を抱きにくくなります。

 

いかがでしたか?

離婚は夫婦間でしか分からないセンシティブな問題ではありますが、子どもの権利を親の感情だけで判断することは、後々子どもを苦しめる結果になりかねないことを心に刻んでおいてくださいね。

 

 

【参考・画像】

※ 『平成23年度全国母子世帯等調査結果報告書』 – 厚生労働省

※ 『ひとり親家庭の支援について』 – 厚生労働省雇用均等・児童家庭局家庭福祉課

※ Pixel 4 Images / Shutterstock

【著者略歴】

高草木陽光(たかくさぎはるみ)・・・専門家ライター。夫婦問題カウンセラーで今までのカウンセリング・相談は累計6,000件以上。浮気、別居、離婚、嫁姑問題など、多くの夫婦問題を解決に導く専門家。夫婦間の修復にも強く、夫婦問題予防策のアドバイスも行う。

【関連記事】

マイホーム購入後に離婚!「財産分与でもめないため」の基礎知識

離婚要注意月間!「絶対離れたくない」と感じさせる夫婦に必ずある特徴5つ

【ItMama読者プレゼント】ユニ・チャーム「オヤスミマン」がもらえる!(限定12名様)

夫婦ストレスでシワできてない…?「家庭にある●●」を使った1分美肌術とは[PR]

※ ドラえもんと学ぶ「楽習」が子どもの将来性を高める[PR]

※ 【医師監修】加湿器が「バクテリア」をバラまく?部屋掃除とともに見直そう[PR]

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 全国のママたちが大絶賛♪「マザーズセレクション大賞受賞」の粉ミルクの秘密とは

※ 実は、妊活する前に知っておくべき!「葉酸のヒミツ」とは

※ 【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

※ 妊活から産後まで手放せない!「3人目妊娠中」の自然派ママおすすめアイテムとは?

morinaga-20170104132157

LINE@はじめました
It Mamaでは日々最新のママトレンドニュースをお届けするため、LINE@をはじめました。ママが知っておくべき子育てや出産、妊活などのお役立ち情報や、LINE@限定プレゼントキャンペーン情報を日々配信してまいります! 友だち追加は以下よりどうぞ!

友だち追加

It Mama 連載

(2015年4月20日の記事を再掲載しています)

LINEで送る