31%のリスク減 !妊娠中にできる「子どもの喘息」予防策

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

子どもの“喘息”は深刻な問題です。その喘息ですが、悩む人の人口は年々増加しているようです。

喘息にかからないようにする方法は、本当に何もないのでしょうか?

実は、妊娠中にあるものを摂取することで、お腹の子どものぜん息リスクが1/3ほど低下するという研究結果が出たという話があります。

そのあるものとは何でしょうか? 今日は、医学博士の川上智史先生監修のもと、妊娠中に摂取しておきたいあるものをご紹介します。

yuno%e3%81%95%e3%82%93

 

増え続ける喘息…大変なのは男の子?女の子?

文部科学省の2016年の報告によると、喘息の人口は年々増加しているそうです。

収録されているもっとも古い1967年度分では、幼稚園生で見ると、全体の0.29%だったのに対し、2015度年では2.14%と、圧倒的に増えています。

また男女で比べると、実は女の子よりも男の子の割合が高い傾向があるようです。

特に男の子のママは注意をしたいところですね。

ただ、女の子のほうが重症化しやすいとも言われています。

 

なお近年の研究データによりますと喘息はアレルギーによるものとされています。

アレルゲンが多い現代だからこそ増加してしまっているのかもしれません。

LINEで送る