障害児を育てているママへの「余計な一言」その1 #25

shogai_banner25
illustration (C)今井久恵

“子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方”の著者の立石美津子の連載「もしかしてウチの子、障害児?」です。今日は第25回目です。“余計な一言シリーズ その1”です。

ママ友の子どもが障害児だった場合、「どう接したらよいのかわからない」「障害については触れない方がいいのかしら」と悩む人の声をよくききます。

元気づけるため言葉を選んで話したのに、却って相手を傷つけてしまった……なんてことも。

そこで今日は、“余計なアドバイス”になってしまいがちな事例を元に、コミュニケーションの温度差についてお話したいと思います。

%e7%ab%8b%e7%9f%b3%e7%be%8e%e6%b4%a5%e5%ad%90

LINEで送る