場の雰囲気でつい…「ママ友の悪口」がはらむリスク4つ

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

つい場の雰囲気に流されて、ママ友の悪口を言ってしまいそうになった、または、実際に言ってしまった……。こんな経験がある方も多いのではないでしょうか。

自らが中心となって言っていなければ大丈夫というわけではありません。

この記事では、ついついつられて同調してしまうタイプの悪口がもたらすリスクについてお伝えしていきます。

%e4%bd%90%e8%97%a4%e3%82%81%e3%81%90%e3%81%bf

 

悪口は確実を言った人を下げる4つの理由

(1)悪口を言う人というイメージがつく

一度、悪いイメージがついてしまうと、なかなかそれを払拭するのは難しいもの。

とくに、マイナスの印象というのは残りやすく、いくらポジティブな要素が上乗せされても、「でも……」とそこに戻ってしまうことがよくあります。

芸能人のニュースなどを見るとそれが明らかです。

いったん「あの人は悪口を言う人なんだ」というイメージがつくと、それを拭うのは大変なのです。

 

(2)相手が本音で話さなくなる

その場の雰囲気で思わず出たひと言でも、悪口は悪口。

「もしかして私も他のところで言われているのかも」と不安にさせてしまえば、距離を見直されるようになります。

信頼をなくしてしまうことで、相手がどこまで話していいものか迷うようになり、話題をセーブするようになっていきます。

 

(3)自分も悪く言われる

受け取ったものは、かつて与えたもの。つまり、自分が外に出したものが、いずれ自分に返ってくる。

俗にいう、引き寄せの法則です。愛することで愛される、助けることで助けられるのようなポジティブなサイクルだけでなく、悪い方でも作用します。

悪口を言えば、悪口を言われてしまうのです。

 

(4)自分がその落とし穴にはまる

悪口の内容というのは、自分にまったく無関係なことはむしろ少なく、自分が不足を感じている部分だったり、抑圧している部分だったりします(例:自分にないものを持っていてうらやましいので、悪く言う)。

悪口という形で、その不足部分に触れることで悩みが浮上し、逆に気持ちが滅入ってしまうことがあります。

LINEで送る