ヒントは「うんち」にあり!? 「子どもの食べもの好き嫌い」対処法

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

小さな子どもは無邪気に、「これは好き、これは嫌い」と食べ物を残すものです。

今の親は「もったいない」と言われて育ってきた世代。そんな我が子を見て、胸がざわつく方も多いのではないのでしょうか。筆者もその1人です。

今回はシンガポールで離乳食講座などの食育や、大人の美容食など、食と健康に関する講座を主催されているマリアンさんに、“子どもの好き嫌いにどう対処するか”についてお話を伺ってきました。

mica

 

子どもの舌は「敏感な味覚センサー」

<子どもの頃、野菜がキライだったという人も多いのではないかと思います。

子どもって、野菜あんまり好んで食べないですよね。

特に、ピーマンやゴーヤ、セロリ、パクチーなどは、大人になってからその美味しさに気付いた人も多いのではないでしょうか?>

と、マリアンさん。

<苦味野菜は特にそうですが、野菜というのはデトックスに効果的なものが多く有ります。

毒素が色々とたまっている大人にとって、これらの野菜は必要な時もありますが、まだ毒素がそんなにたまっていない子どもにとっては、デトックス作用をもつものは必要ないのです。>

 

そうだとすると、嫌いなものを無理やり口に入れるのは全く無意味どころか、要不要を判別する子どもの鋭い味覚を鈍らせてしまうかもしれませんね。

LINEで送る