日本人から見るととても奇妙な「シンガポール」のマナー6つ

日本人から見るととても奇妙な「シンガポール」のマナー6つ
source:http://www.shutterstock.com/

シンガポールはマナーに厳しい国として有名ですよね。日本では注意されることのないポイ捨てやつば吐きが、罰金対象になっています。

もちろん、これだけではありません。シンガポールには他にも、まだまだおかしな法律やマナーがあるのです!

以下から代表的なものを6つ、ご紹介したいと思います。

 

■1:禁煙エリアでの喫煙禁止

ポイ捨て・つば吐きの次に有名なのが、喫煙ですよね。シンガポールでは、公共施設のほとんどが禁煙指定となっています。しかも、最高罰金は1,000ドルですので、気を付けましょう。

ちなみに歩き煙草は罰金対象ではありませんが、そのまま道端にポイっと吸い殻を捨ててしまうと違法となりますので、要注意です!

そしてレストランなど、屋内の飲食店もほぼ禁煙となっています。ただ、オープンカフェなどでは分煙されているところがたくさんあるので、愛煙家の方はご安心ください。

 

■2:公共交通機関での飲食禁止

また、公共交通機関内での飲食も禁止。シンガポールは、食べ歩き天国。デパートやモールの中、路上でも食べながら歩いている人がたくさんいます。

しかし、バスや地下鉄(マス・ラピッド・トランジット)の中はNGなのです! しかも罰金は、500ドルです。

ちなみに、シンガポールではおなじみのドリアンは匂いがきついために持ち込みも禁止されています。

 

■3:蚊を発生させることも禁止

次は、ちょっとビックリな法律です。なんと、蚊を発生させるのも禁止されています。なかなかそんな状況になりませんが、最高罰金は1,000ドルなので要注意です。

シンガポールではマラリア、デング熱の発症例がとても多いので、病原菌を媒介する”蚊”の発生には国の問題となっています。

 

LINEで送る