STOPファンキー不倫!「産後クライシス」3つの回避方法

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

近年、芸能人の“不倫”にまつわるニュースが後を絶ちません。昨年はファンキー加藤さんや、ゲスの極み乙女の川谷さんとベッキーさんも騒がれていましたよね……。

特にファンキー加藤さんの場合、妻の“妊娠中に不倫”をして、別の女性との間にも子どもができてしまったということで、多くのプレママ・ママに衝撃を与えたのではないでしょうか?

“産後クライシス”という言葉もありますが、妊娠・出産をきっかけに、夫婦の関係は大きく変わってしまうようです。

「産後の夫婦のコミュニケーションの実態」って、いったいどうなっているのでしょう? 産後、夫婦関係を悪化させないためにできることは?

今回は、コミュニケーションライターの筆者が、ある調査を元に、『産後夫婦間の実態と、“産後クライシス”を引き起こさない夫婦のコミュニケーション法』についてお伝えします。

 

女性のほうが不満度高い?「産後の夫婦間コミュニケーション」の実態

株式会社マクロミルは、産後1年以内の女性・男性を対象に“夫婦間コミュニケーション”に関する調査を行いました。

それによると、産後の夫婦間コミュニケーションは、女性の方が“不満度”が高く、男性 18%に対し女性は 27%という結果に。

さらに、女性の 75%が、配偶者よりも子どもに愛情を注いでおり、男性 の“2 倍近い結果”になりました。

不満が多くなると、言葉や態度にそれが出てしまうもの。妊娠・出産前に比べてご主人にきつい言動、あるいは無視をしてしまっていませんか?

それに加え、ほとんどの愛情が自分より子どもへ向かっている妻の姿を目にすると、夫としてはとても寂しい気持ちになり、“外”に癒しを求めるようになることも十分にありえます。

また、同調査では、 「妻が夫に求めていること」と、「妻が自分に求めていると思うこと」をそれぞれ調査。すると、夫婦間の大きなギャップが明らかになりました。

(1)妻が夫に求めていることTOP3

1 位「子どもともっと遊んでほしい」31%

2 位「帰宅時間を早めてほしい」29%

3 位「子どものお世話をもっとしてほしい」27%

 

(2)妻が自分に求めていると思うことTOP3

1 位「妻の話をもっと聞くこと」51%

2 位「妻の悩み・課題を解決してあげること」35%

3 位「妻の行動を褒めること」31%

このように、妻の求める行動とは大きな違いがあることがわかります。夫婦間の考え方のギャップも、“産後クライシス”を引き起こす大きな原因になっているようです。

次の項目では、産後クライシスを引き起こさないための、夫婦のコミュニケーション法についてお伝えします。

 

LINEで送る