無理矢理止めちゃダメ!子どもが「ケンカで育む」超大事な能力3つ

201496640
source:http://www.shutterstock.com/

最近の幼稚園や保育所では、ケンカになる前に先生が子どもたちを止めてしまうようです。

これは、モンスターペアレントが話題になり始めた頃からですから、おそらく子どものケンカに過剰に反応した親からの苦情が増えたのでしょう。

もちろん暴力はよくありませんが、ケンカを通して子どもたちは多くのことを学んでいます。

そこで今日は『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)の著者で、日本と欧米双方の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が子どもがケンカから学べることについてお話します。

 

ケンカも成長の一つ

ケンカの原因の多くは、自分と相手との利害が一致しないことにあります。自分と相手の望むことが違ったり、気に入らないことを言われたり。自分と相手が同じものを取り合うことでもケンカになります。

欲求が満たされず、不愉快な思いをさせられるのですから、大抵の場合は怒りの感情を爆発させることになります。

子どもが小さいうちは、言葉でうまく伝えられず、手が出てしまうこともあります。その場合は暴力はよくないということを、きちんと言葉で伝える必要があります。

しかし、もう少し大きくなって、口ゲンカをするようになったらケンカを止めないようにしましょう。

その理由は子どもはケンカを通していろいろなことを学んでいるからです。

大きく分けて以下の3つがあげられます。

1)「言葉で伝えること」が身に付く

おもちゃを巡って、ケンカが始まりました。

「これ、僕が使うんだ!」

「僕だよ!」

黙っていたら相手に取られて自分は使えませんから、二人とも必死で自分が使うと主張します。

「僕が先に取ったんだ!」

「違うよ!僕が使おうとしていたんだ!」

親としては仲良く遊んでほしいものですが、子どもたちはここで“自分の言いたいことを言葉で伝える”ことを覚えるのです。

 

LINEで送る