妊娠後期にはNG!? ついやりがちな「危険行為」外出編

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

マタニティーライフも後期となると、待望の赤ちゃんに会えるのもあと少しですね!

妊娠後期はお腹もグングン大きくなって、歩きづらくなるものです。

特に外出するときに注意すべき点はあるのでしょうか? 今回は、4度の出産を乗り越えた筆者が、妊娠後期の絶対NG「外出編」をお伝えします。

%e9%80%b2%e8%97%a4%e3%82%86%e3%81%8d%e3%81%93

妊娠後期のお出かけのNG行動5つ

(1)お腹が張るのに外出しちゃう

妊娠後期になると、“お腹の張り”が起こりやすくなります。

1時間に1回程度張るくらいで、静かにしていて治まるようなら大丈夫です。

ただ、お腹が張りやすい人は、すぐに横になることが難しいため、外出する際には注意が必要です。

さらに、痛みがあるときは無理して外出しないのが大切です。

 

(2)母子健康手帳などを持たずに外出しちゃう

外出先で突然“強い張り”などが起きた場合、母子健康手帳を持っていればすぐに病院へ向かうことができます。

赤ちゃんとママを守るためにも、必ず母子健康手帳や保険証などの一式はバッグに入れておきましょう。

LINEで送る