それしつけじゃないです!「お行儀の悪い子に育つ家庭」にありがちなNG習慣3つ

shutterstock_315296378
source:http://www.shutterstock.com/

“三つ子の魂百まで”で親なら誰しも幼児期からのしつけは必要だと考えています。

でも、その叱る基準や方法は家庭によって千差万別。だからお行儀の悪い子、そうではない子に分かれます。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“お行儀の悪い子、そうではない子の差がつくポイント”についてお話します。

profile02

 

「お行儀の悪い子に育つ家庭」にありがちな3つのNG習慣

shutterstock_163883858
source:http://www.shutterstock.com/

(1)「危険なことをしたとき」しか叱らない

しつけの基準のハードルが低すぎるケースです。危険なことって、信号を無視したり高い所から飛び降りたりなど、日常生活の中ではそう多くはないはずです。

「危険なことだけをしてはいけない」としつけられていれば、人間らしく育つでしょうか? そうではありませんよね。

電車やレストランで走り回る、売っている商品を勝手に障る、お友達のおもちゃを「欲しかったから」と勝手に持ち帰る、これらは命に関わることではありません。

でも「子どもだから仕方がない」と放っておいたら“野獣”のようになってしまい、将来は相手のことを考えない、自分本位な物の考え方が染みついた大人になってしまいます。

 

(2)口だけで終わらせている

口で言うだけで、徹底させていない親に原因があることがあります。「うちの子、何度注意しても言うことを聞かない」という親の言動をよく見ると、口だけで終わらせているだけだったりします。

例えば、

・スーパーで走り回る子ども。「こら、走らないで!」と怒鳴っているだけで、結局走らせたまま。

・「片づけなさい!」と言いながら子どもにやらせないで、全部親が片付けてしまっている。

・「今日はお菓子は買いません」と家を出るとき約束したのにも関わらず、スーパーで地べた泣きしたからと周りの視線を気にして「じゃあ、今日だけ特別よ」と折れてしまう。

口やかましいのに子どもがちっとも出来ていない場合、口先だけになっている場合もあるのです。

“有言実行”と言いますが、口に出したことは必ず徹底し、貫き通す姿勢を見せましょう。

その瞬間は親子のバトルになりますが、子どもは「親の言ったことを守らないとダメなんだな」と理解します。

そして、次回からは言うことを少しは聞くようになります。

 

(3)「叱るときと褒めるとき」の落差がほとんどない

叱った後、子どもの泣き方って微妙に違います。

ワーワー泣くのは納得していない態度、思い通りにならなくて悔しいのです。神妙になってシクシク泣くのは反省している態度。

子どもの性格により多少は異なりますが、親だったらわずかな違いでわかりますよね。

いずれにせよ、いつもの優しい親が顔色を変えて厳しく叱れば、子どもの心には何かしらのメッセージが届きます。だから泣くのです。きちんと伝わっていれば、子どもの態度はそれ以降は変わってきます。

叱るときと褒めるときの落差がほとんどないと、叱ったつもりでも子どもがヘラヘラとニヤけたりします。

叱るときはきちんと「それはやってはいけないこと」と感情を入れて、いつもの優しいママの顔を厳しく怖い顔、真剣な顔に変身させましょう。

LINEで送る