元旦こそ注意!「子どもの事故を未然に防ぐ」ためのポイント5つ

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

お年玉におせち料理、いつもと違う遊びがあるなど、お正月は子どもにとっても特別な時期です。

でも、そんなワクワクする時期というは、つい注意が散漫になりがちです。

今回は子育てアドバイザーの資格を持つ筆者が、そんなお正月に、子どもがケガをしないために、大人が気をつけたいことについてご紹介します。

mica

 

子どものケガを防ぐ為に、気をつけたいこと

(1)疲れ

大人の都合でスケジュールが決まる年末年始は、子どもの疲れた様子に気付けないかもしれません。

身体が疲れると、思いもかけない体調トラブルやケガに繋がる可能性が高まります。余裕を持った予定を組む、休憩を細かく挟むなどして、子どもに負担をかけないようにしましょう。

 

(2)人ごみ

小さな子ども連れは、できるだけ人ごみは避けたいところですね。

ですが、どうしても避けられない場合は、抱っこひもやベビーカーで子どもの安全を確保してくださいね。

LINEで送る